立教大2年・島田直哉投手が好投、「感覚が良かった」

立教大, 島田直哉

立教大で2年生になる島田直哉投手が、この日の桐蔭横浜大戦で7回に登板し、2イニングをパーフェクトに抑えた。

復活を期待

龍谷大平安の島田直哉投手と言えば、高校時代に衝撃を受けた人も多かったかもしれない。185cmで躍動感のあるフォームから最速148キロを投げ、ドラフト上位候補の可能性もあった。しかし3年時にはいろいろな故障に襲われ、それによって思うような投球ができなくなっていた。

立教大に進むも昨年は練習でもそれほど良いピッチングは見せられてはいなかったようだが、この日、今年初のオープン戦の7回に登板すると、2イニングをパーフェクトに抑えた。「力を抜いてコントロールを重視しました。直球もアベレージで140キロ出た。感覚が良かったです」と話した。

溝口監督もこの投球には、「あんなにいい島田は初めて。何が良かったのか、考えて欲しい」と話した。大学に入ってから体を強化し、高校時は75kgだったが現在は88kgと立派な体になっている。この日の投球をしっかりと脳で把握し、少し調子を落としたときに、この状態に近い所まで戻すことができるようになれば、今年、来年と期待ができる。

リーグ戦で登板さえすれば再び注目が集まる。右脳と左脳でイメージとメカニズムをしっかりと合わせながら、徐々にで良いのでリーグ戦での登板が増やしたい。

立教大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

課題の制球も、この日はまとまっていた。溝口監督が「あんなにいい島田は初めて。何が良かったのか、考えて欲しい」と驚いたほど。島田は「入りは良かったけど、満足したらダメ」と、2年目でのリーグ戦デビューへ向け、気を抜くことはなかった。


PAGE TOP