上武大・古川裕大選手に巨人・阪神など7球団視察し巨人が注目

2020年ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース 阪神ドラフトニュース 巨人ドラフトニュース

関甲新リーグでは上武大の古川裕大選手が捕手でスタメンマスクを被ると、6回からはショートに入った。

スポンサーリンク

打者評価

古川裕大選手はこの日、5回2アウト2塁の場面で、「スライダーを張って、真っすぐに対応できた」と、勝ち越しのタイムリー2ベースヒットなど2安打1打点の活躍を見せた。

また守備でもキャッチャーとショートを守り、視察した巨人・阪神など7球団のスカウトのうち、巨人は榑松スカウト次長が視察「バットコントロールがいい。キャッチャーを守れて内野も守れるのは希少な存在」と評価した。

古川選手は打者として、今年の大学生野手の中でもトップクラスに入る。捕手としては総合的な面で、榮枝裕貴選手、萩原哲選手の方がプロでもやれると評価されるが、この打撃があれば、他のポジションでかなりの活躍を見せる選手となれる。

打撃の良い野手の獲得を目指す巨人や阪神、オリックスなどが、近大の佐藤選手を獲得できなかった場合に、指名をしてくるかもしれない。もちろん捕手としても全くやれないという事ではなく、我慢強く打撃型捕手として起用していくことも考えられる。

2020年度-大学生捕手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

巨人・榑松スカウト部次長は「バットコントロールがいい。キャッチャーを守れて内野も守れるのは希少な存在」と評価した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント