九産大3年・148キロ右腕の荒木雅玖投手が6回9奪三振無失点

大学野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

福岡六大学リーグが開幕し、王者・九産大は3年生の右腕・荒木雅玖投手が6回9奪三振無失点の投球を見せた。

スポンサーリンク

148キロ右腕

この日の九州工大戦で先発した荒木雅玖投手は、いきなり4者連続三振を奪う立ち上がりを見せると、5回2アウトまでノーヒットノーランを継続した。

ヒットを許したものの6回を投げて1安打9奪三振で無失点、「初戦だったし、テンポよく投げることを意識していこうと思ったけど、その点は良かったと思う」と話した。

高校3年時に148キロを記録して注目された荒木投手、「チームのリーグ7連覇と、個人的には150キロを出して、最優秀防御率のタイトルを取りたい」と今季の目標を話した。今年中に150キロを突破して、来年のドラフト注目投手の一人となりそうだ。

2022年度-大学生のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

荒木雅は1回、先頭打者からいきなり4者連続奪三振で立ち上がると、5回2死まで無安打。打者15人目で安打を許したが、6回をわずか1安打無失点に抑えた。「ノーヒットは少し意識しました」と白い歯をこぼし「初戦だったし、テンポよく投げることを意識していこうと思ったけど、その点は良かったと思う」と胸を張った。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント