国学院大、破壊力を武器に20季ぶり東都リーグ制覇、山本ダンテ選手は社会人でプレーへ

大学野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

東都リーグは国学院大が優勝した。ここ数年は1部リーグの上位という成績を残していたものの、優勝は2010年以来20季ぶりだった。

スポンサーリンク

破壊力

国学院大は2010年の秋に優勝をすると、その後、2部転落をしたものの、2012年に再び1部に昇格してからは、1部リーグで16季中、Aクラスが11回と安定した強さを見せていた。

それでも2位を5度記録する中で、優勝にあと一歩手が届かずにもいた。国学院大は捕手、遊撃手、投手に有力な選手がおり、谷内亮太選手、杉浦稔大投手、田中大輝投手、山下幸輝選手、柴田竜拓選手、山崎剛選手、清水昇投手、小川龍成選手などをプロ野球に輩出してきたが、それでも優勝に届かずに、近年、鳥山監督が掲げたテーマが破壊力だった。「爆発力の上積みが課題でした。これまでの国学院に、他校は怖さを感じていなかった。」と話す。

そして、スカウティングで強打の選手の獲得を優先し、川村啓真選手、瀬戸成一郎選手、福永奨選手、山本ダンテ武蔵選手などを獲得した。これらの選手が4年生となって中心選手となり、「予想よりいい打撃力になった。今年は、怖いと思われる打線を作ることが出来た」と話した。

勝てば優勝のこの日の試合でも、1回に川村選手のホームランで先制すると、1点を追う8回には川村選手のヒットでノーアウト満塁とし、山本選手の押し出し四球、瀬戸選手、福永選手の犠牲フライで3点を奪った。打線の破壊力がもたらした勝利だった。

タイトルも独占した。5本塁打と17打点の2冠で山本選手がMVPを獲得、川村選手が打率.417で首位打者となった。一時期は「野球は、大学で終わりにしようと思います」と鳥山監督に進路を伝えたという山本選手だったが、野球生活を最後とした年に花開き、「悔しくて、楽しい。自分は野球が好きなんだ」と話す。社会人で野球を続けることを決めた。

東都リーグは激しい入れ替え戦があり、戦国東都と呼ばれて久しい。その中で、エースと呼ばれる好投手が連投連投でチームを支えるということが目立った。好投手の前に打線は水物という感覚が受け付けられている。

しかし、2015年に1部に昇格し即、優勝をした専修大も破壊力を武器としたチームだった。それでも、その専修大はその優勝で勢いを落とし、現在は2部にいる。

破壊力を武器とした今年の国学院大の戦い方が、東都リーグを変えるために、この破壊力のある打線を、毎年継続して作り上げて欲しいと思う。鳥山監督は「高校生が、国学院大に行って俺もああいうバッターになりたいみたいな、そういう選手を輩出しなくちゃいけない」と話した。

国学院大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

3季連続を含めて2位が5度と、勝ちきれない時期が続いた。あと1歩の差は何か。監督がたどり着いたテーマは「破壊力」だった。終盤に圧力をかけられる打線を目指した。「ウチから、スラッガーを輩出しよう」。打力の高い選手のスカウティングや育成に力を注ぎ、打撃主要3部門を独占する“3冠王”打線に。指揮官は「予想よりいい打撃力になった。昔は怖さがなかったが、今年は相手が怖いと思う打線が作れてきた」とうなずく。

恩師の竹田利秋総監督から引き継いだチームで就任1シーズン目に優勝してから何度も苦汁をなめた。王手をかけてからのあと1勝が遠く、“誤審”に泣いたシーズンもある。そんな経験から、鳥山監督がこのチームのスタート時に掲げたテーマが「破壊力」だった。これまでの国学院大は、二遊間の守備職人がいて、投手力があって…、だったが、打線が先にできた。それが実った。

初優勝後、2位が6回に3位が5回。安定感はあっても突き抜けられない。それが、国学院大のカラーになりつつあった。「爆発力の上積みが課題でした。これまでの国学院に、他校は怖さを感じていなかった。それでも今年は、怖いと思われる打線を作ることが出来た」と鳥山監督。首位打者に輝いた2番・川村、本塁打&打点王の3番・山本ダンテ、4番・瀬戸成一郎、5番・福永奨と続く上位打線には絶対の自信を持っていた。

「高校生が『国学院大に行って俺もああいうバッターになりたい』みたいな、そういう選手を輩出しなくちゃいけない」。指揮官が目指してきたスラッガー育成が結実し、2度目の歓喜が訪れた。

思わぬ再発見があった。今年3月上旬のオープン戦で右ふくらはぎ肉離れとなり、試合から離れた。約1カ月後、久しぶりに出場した練習試合は4打数無安打。1本も打てなかった。それでも「悔しくて、楽しい。自分は野球が好きなんだ」と本当の気持ちに気付いた。鳥山監督に「やっぱり野球がやりたいです」と伝え、社会人で続けることになった。

国学院大・山本ダンテ武蔵が最高殊勲選手/東都春季リーグ表彰選手一覧 - アマ野球 : 日刊スポーツ
東都大学野球は14日、1部の春季リーグ全日程を終えた。表彰選手は次の通り。満票は15票。【最高殊勲選手】国学院大・山本ダンテ武蔵外野手(4年=大阪桐蔭)12票… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント