DeNAのドラフト2位・徳山壮磨投手と4位・三浦銀二投手が無失点投げ合い

大学野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース 横浜DeNAドラフトニュース

東京六大学では早稲田大のエース・徳山壮磨投手と法政大のエース・三浦銀二投手が投げあった。

スポンサーリンク

来年はチームメイト

ドラフト会議から一夜明け、共に横浜DeNAから指名を受けた早稲田大の徳山壮磨投手と法政大の三浦銀二投手が、同じ試合で登板した。

ドラフト2位指名の徳山投手はキレのある変化球を軸に、安定した投球をみせ、7回2安打8奪三振無失点の安定した投球をみせた。対するドラフト4位指名の三浦投手も、最速148キロの速球と変化球、安定した制球で9回を完投し、9回4安打7奪三振無失点で完封した。

「めちゃくちゃ意識しました」と話す三浦投手は、「負けたくない気持ちが一番だった。自分の方が長くマウンドにいられました」と、ドラフトの順位で下となった事への意地をみせた。対する徳山投手は8回に代打を送られて交代したが、三浦投手からチーム初ヒットを打った。試合後は「いろんな変化球もあって、やっぱりいいピッチャー」と話した。

二人は共に侍ジャパンU18代表に選ばれており、その時に同部屋で過ごしたという。視察した横浜DeNAの八馬スカウトは「2回くらいまでドキドキしながら見ていた」と話すが、その後は安定した投球に安堵し、「三浦も徳山もそれぞれよさを出してくれた。短いイニングに対応もできるし、2人ともローテーション争いをしてもらうようになってもらいたい」と評価した。

試合は0−0で9回ドローとなった。共に下級生の頃から先発として登板し、徳山投手はリーグ通算で9勝5敗、三浦投手は10勝10敗となっている。この日は三浦投手の意地で現役最多勝利を守りきった。

来年からはチームメイトとなる。共に制球力と試合を作る能力がある。三浦投手はリリーフで投げていた時もあるが、先発としても十分やれる。二人がこれからも競い合って、先発で相手が結果を残したら自分も、みたいな形で競い合っていければ、共にプロ野球選手として成功を収める事になるだろう。

2021年ドラフト会議、指名選手一覧
2021年のドラフト会議は10月11日に行われ、支配下ドラフトが77人、育成ドラフトで51人の、合わせて128人が指名されました。

大満足だったのが2人を担当しているDeNA・八馬スカウトだ。スタンドで見守り、「三浦も徳山もそれぞれよさを出してくれた。短いイニングに対応もできるし、2人ともローテーション争いをしてもらうようになってもらいたい」と大きな期待を寄せた。

DeNAドラ4の法大・三浦が意地の9回107球零封 同ドラ2の早大・徳山と対戦「めちゃめちゃ意識」 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 1回戦1試合が行われた。早大と法大は両チームの投手陣が踏ん張り、0―0で引き分けた。11日のドラフトでDeNAから4位指名を受けた法大・三浦銀二投手(4年)は9回無失点、同2位の早大・徳山壮磨投手(4年)は7回無失点の好投を見せた。
ドラフト翌日にDeNA2位と4位が壮絶投手戦 早大徳山vs法大三浦、両者譲らず0-0ドロー【東京六大学野球】:中日スポーツ・東京中日スポーツ
◇12日 東京六大学野球 早大0―0法大(神宮) DeNAがドラフト指名した投手同士の投げ合いとなった早大―法大は0―0で引き分けた。...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント