東洋大, 甲斐野央, 梅津晃大, 上茶谷大河

デイリースポーツの虎が追うのコーナーで、阪神スカウトによる東洋大トリオ・上茶谷大河投手、甲斐野央投手、梅津晃大投手の評価が掲載されている。甲子園の熱で高校生の評価が急上昇しがちだが、この3人もドラフト会議で間違いなく主役になる。

大阪桐蔭, 藤原恭大, 根尾昂, 柿木蓮

北大阪大会では大阪桐蔭が23-2で決勝戦で圧勝を見せ、春夏連覇をかけた甲子園に出場を決めた。

日大鶴ケ丘, 勝又温史

西東京大会では日大鶴ケ丘の152キロ右腕でプロ注目投手・勝又温史投手が、9回にサヨナラホームランを浴び、力尽きた。

梅津晃大, 万波中正, 小園海斗, 藤原恭大, 根尾昂, 上茶谷大河, 近本光司, 吉田輝星

巨人はスカウト会議を開き、都市対抗と高校野球の地方大会の視察を経て、ドラフト会議で上位で指名する候補者をリストアップした。

斉藤大将

埼玉西武が昨年のドラフトで1位で獲得した斉藤大将投手が、プロ初勝利を挙げた。

星稜高, 寺西成騎

No Image
甲子園に出場をする星稜高校、1年生の寺西成騎選手は背番号18でメンバー入りすることが決まり、「甲子園では他校の1年生に負けたくない」と話した。

二松学舎大付, 山田将義

No Image
東東京大会では二松学舎大付が優勝し甲子園出場を決めた。U15で捕手を務めた1年生・山田将義選手が活躍を見せた。

横浜高, 度会隆輝

No Image
横浜高校の1年生・度会隆輝選手は、この日の決勝戦でも代打で登場するとヒットを放ち、今大会では代打で5打数5安打と天才的な打撃を発揮している。

横浜高, 万波中正

横浜高校は、万波中正選手が先制タイムリー2ベースヒットと、推定飛距離143mの特大弾を見せ、甲子園出場を決めた。

創志学園, 引地秀一郎, 倉敷商, 西純矢

高校野球岡山大会では準決勝の倉敷商vs創志学園の一戦に、5球団のスカウトが集まった。152キロ右腕・引地秀一郎投手と、U18代表1次候補にも選ばれている創志学園の2年生・西純矢投手に注目が集まった。

スポンサーリンク
PAGE TOP