DeNA、ドラフト1位指名は会議の1時間前に決定、縁のある森選手、坂本選手を指名

坂本裕哉, 森敬斗

横浜DeNAはドラフト1位で桐蔭学園の森敬斗選手を単独1位指名した。高校生野手の単独1位指名は2009年の筒香選手以来となる。

1時間前に決める

事前のスカウト会議で1位候補は12人いるとしていた横浜DeNAは、当日まで情報を収集するとしていた。そして1位指名選手を決めたのは、ドラフト会議の直前、1時間前だった。

チームではドラフト1位で指名をしてきた山崎投手、今永投手、濱口投手、東投手、上茶谷投手という大学生投手が戦力となり、先発・リリーフの主力となっている。そして今年も1位候補として狙っていた明治大の森下暢仁投手がいた。しかし、昨年のドラフトでは1位の最初に入札で内野手の小園選手を指名するなど、チームの将来を担う若い野手の指名に補強ポイントがシフトしつつあった。

事前のスカウト会議でも森選手の映像を見たとみられるラミレス監督が「育てていかなければいけないポジション」と話していた。森敬斗選手については、外れ1位で指名しそうな球団がいくつかあったとみられ、ドラフト1位時間前に単独1位指名することを決断した。

地元横浜以外にも縁が

森選手の指名は地元・神奈川の選手で、筒香選手以来の高校生野手単独1位指名となる。その筒香選手がポスティングでのメジャー移籍になりそうだが、その年のドラフトで再び地元の野手の単独指名となった。

また森選手は小学生時代に草薙球場で巨人vsヤクルトの試合を観戦した時、当時・巨人の選手だったラミレス監督を記念写真ととって握手をしていたという。森選手は、「そこで握手をしたときの事が、DeNAに指名された時に思い出されました。手が大きくて、紳士的でした。たぶん覚えていないと思うんですけど縁を感じました」と話す。

ラミレス監督は「それは覚えていなかった。うれしいことだね。握手だけでなくハグもしたお思うけど」と笑い、「彼にとって握手したプロ野球選手が、今監督をするチームでプレーする事になる。これはすごくいい例」と話し、森選手もプロで活躍する選手になって、子供たちに将来のプロ野球選手になる夢を持ってもらえるような選手になってほしいと期待をした。

2位・坂本選手もDeNAと縁

またドラフト2位で指名した立命館大の坂本裕哉投手は、東投手の2年後輩で、2年時には寮で同室となり、チェンジアップなどを伝授された。「ずっと背中を見てきた東さんに、できるだけ早く追いついて追い越せるようになりたい」と話した。

弟は地元の福岡にいるが、横浜スタジアムに通うほどのDeNAファンで、裕哉投手は「よかったです。喜んでもらえるんじゃないか」と話した。今度は兄の登板を見に横浜スタジアムに招待されることになりそうだ。

2019年ドラフト会議、指名選手一覧


PAGE TOP