オリックス、東海大・海野隆司捕手、東洋大・佐藤都志也捕手をドラフト上位で指名へ

東洋大, 東海大, 海野隆司, 佐藤都志也

オリックスは、大学野球選手権に出場した東海大の海野隆司捕手と、東洋大の佐藤都志也捕手をドラフト上位候補にリストアップした。

若手捕手の補強がドラフトのテーマの一つ

オリックスは、球団関係者が「若月に続く若手捕手の補強が今秋ドラフトのテーマの1つ」と話し、今年秋のドラフト会議では、捕手を指名する方針を明かした。そして昨日まで行われた大学野球選手権に、GMに就任した福良氏が視察をし、捕手の候補のチェックを行った。

今年のドラフト会議は、有力投手が多いものの、オリックスはここ数年、福良監督の要望もあり投手を獲得してきた。しかしチームは投手力は他球団も恐れる力があるものの、打線が弱く、チームは現在最下位に沈んでいる。福良GMも野手の補強について話していた。

その中でセンターラインの強化から始める事になり、まずは要となる捕手の補強を進める。今年は大学生捕手の当たり年で、慶応大・郡司裕也選手、早稲田大・小藤翼捕手、立教大・藤野隼大捕手などがいるが、大学野球選手権でプレーした東海大の海野隆司捕手と東洋大の佐藤都志也捕手を評価し、ドラフト上位候補とした。

共に4番を打ち、海野選手は首都リーグで打率.316を記録、佐藤選手は東都リーグで打率.306を記録した。また海野選手はセカンドまで1.7秒台を記録する強肩が光り、選手権でも鋭い送球で盗塁を刺し、けん制でランナーの足を止めた。またチャンスに強い打撃で逆転勝利にも貢献した。150キロ級の投手陣を引っ張り、全国ベスト4入りを果たした。

佐藤選手は桐蔭横浜大戦で3打数2安打、明治大戦で4打数1安打、50m5.9秒の足があり、また強肩も外野手ならばプロでもトップクラスになるようなレーザービームを見せる。捕手としては今大会でもキャッチングミスがあったり、強肩を発揮できていないところがあるが、村上投手など若い投手をリードしている。

確実に捕手として見るならば海野選手の方が有力とみられる。ただし、打撃の良さや身体能力では佐藤選手が、捕手・外野手として一流になる可能性がある。

この二人を追いながら、どちらかに絞り込んでいく。確実に狙った選手を獲得するために単独指名を狙った福良氏という事もあり、ドラフト会議では単独1位指名をする可能性もありそうだ。

2019年度-大学生捕手のドラフト候補リスト
オリックスバファローズのドラフト会議
オリックスバファローズのチーム構成・世代表

オリックスが全日本大学選手権で活躍した東海大・海野隆司捕手(4年=関西)と東洋大・佐藤都志也捕手(4年=聖光学院)を今秋ドラフトの上位候補にリストアップしていることが17日、分かった。球団関係者は「若月に続く若手捕手の補強が今秋ドラフトのテーマの1つ」と話しており、チームを支える次世代の捕手として注目していく。


PAGE TOP