巨人・榑松スカウト統括が甲子園出場高校生を評価、智弁学園・前川選手、明桜・風間投手など評価

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース 巨人ドラフトニュース

巨人の榑松スカウト統括は、甲子園に出場した選手の評価を行い、打者では智弁学園の前川右京選手、愛工大名電の田村俊介選手、盛岡大付の金子京介選手、高川学園の立石正広選手、小松大谷の東出直也捕手を評価した。

スポンサーリンク

高川学園・立石、盛岡大付・金子は「進学希望と聞いている」

まず野手について、智弁学園の前川右京選手は「バットコントロールの良さが目立ってました。パワーはもちろんですが、高校生離れした打撃技術の高さが目につきました。スイングの軌道が水平となっている時間が長いため、ミートポイントを広く持てる。それがボールを運ぶテクニックにつながっています。この日は一発だけでなく、その前の打席でもセンターオーバーの大飛球を打ってように、パワーと確実性を兼ね備えた好打者」と評価した。

愛工大名電の田村俊介選手には「リストの利いたバッティングが光っていました。パンチ力に優れていて、前川とともに左の大砲候補です。」と評価している。

右打者では高川学園の立石正広選手について、「センターから右方向への打球の伸びが素晴らしかった。スローイングも安定しているので、将来的には二遊間も守れる長距離打者となる可能性を秘めている」と評価した。盛岡大付の金子京介選手には「パワーに加えて変化球への対応力も高く打力はトップクラス」と評価した。ただし、「立石とともに進学希望と聞いているので、4年後が楽しみです」と話した。

捕手では小松大谷の東出直也選手を挙げ、「素早く安定した送球が良かった。シャープなスイングができるバッティングも好印象で、非常にセンスを感じる選手です」と評価した。

投手では明桜・風間、広島新庄・花田など評価

投手では最初の明桜の風間球打投手を挙げ、「真っすぐの角度、ボールの力に大きな特徴があり、ギアチェンジも巧み。ノーゲームを含めた2度の登板では、フォークを含めた変化球もうまく操っていた。ドラフト1位候補の12人に入ってくる素材だと改めて思いました」と評価した。

北海の左腕・木村大成投手には「春に比べて体が目に見えて大きくなり、出力が非常に上がりました。元々スライダー、チェンジアップといった変化球に良さがありましたが、それに加えて直球の力がグンと上がった印象です」と話した。

広島新庄の花田侑樹投手には「ボールのキレのと球持ちの良さ」と、愛工大名電・寺嶋大希投手には「縦のスライダーとフォーク」、専大松戸の深沢鳳介投手には「両サイドのコントロール」が「それぞれ光っていました」と評価し、大阪桐蔭の松浦慶斗投手については「大型でパワーがありながら、ゲームメイク能力が高かったです。」と評価した。

二松学舎大付の秋山正雲投手には「右打者の内角をガンガン攻める投球スタイルとキレが魅力で、同校OBでもあるうちの大江タイプですね」と評価した。

夏の甲子園大会(2021)の組み合わせと注目選手一覧
第103回全国高校野球選手権大会の組み合わせ抽選は、本日(3日)午後4時から行われます。対戦カードと注目選手を速報します。
2021年度-高校生のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
巨人・榑松スカウト注目ドラフト候補 スポーツ報知紙面 2021/8/22

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント