城西大城西・後藤茂基投手が4失点完投で初戦突破、中日など3球団スカウト視察

中日ドラフトニュース 高校野球ドラフトニュース 2017年ドラフトニュース

高校野球東東京大会ではプロ注目の143キロ右腕・城西大城西・後藤茂基投手が登場した。

3球団視察

後藤茂基投手は179cmの右腕で最速143キロの速球を投げ、プロから注目されている。この日は京華商と対戦したが、球速は130キロ中盤止まり、初回にいきなり3点を与えるなど苦しいピッチングとなった。9回を投げて14安打を許したものの、2回以降は1失点と粘りの投球を見せ、9回4失点、8-4で初戦に勝利した。

後藤投手は「今日は課題の残るピッチングでした。次までにしっかり調整したいです」と話した。

この日は3球団のスカウトが視察に訪れたが、中日・佐藤充スカウトは「きれいなフォーム。力がつけばスピードが乗る」と話し、将来性の高さを評価していた。

次の投球で視察しているスカウト驚かせるようなピッチングも期待したいが、将来も非常に楽しみ。

2017年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
2017年度-高校生-東京都のドラフト候補リスト

視察した中日の佐藤充スカウトは「きれいなフォーム。力がつけばスピードが乗る」と伸びしろに期待。

この日は3球団のスカウトが視察。自己最速は143キロも、力みから直球は130キロ中盤だった。「今日は課題の残るピッチングでした。次までにしっかり調整したいです」と切り替えた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント