横浜・及川雅貴投手は横浜創学館を3安打12奪三振完封

横浜高, 及川雅貴

こちらも来年のドラフトの超目玉、横浜高校の及川雅貴投手は、ストレートとスライダーの2種類で横浜創学館を完封した。

2種類で完封

最速152キロを投げる左腕の及川雅貴投手は、この日の横浜創学館戦で、変化球はスライダー以外は封印し、ストレートとスライダーの2種類のみで勝負をした。被安打はわずかに3安打のみ、12個の三振を奪って完封し、その実力の高さを見せつけた。

及川投手は世代NO.1投手として、大船渡の佐々木朗希投手などと競い合うような感じもあった。佐々木投手が150キロを記録すると及川投手も記録し、夏前までに152キロを記録していた。夏の神奈川大会や甲子園ではやや不調で、同学年の投手たちが自己最速を伸ばしていくるなかで、及川投手は甲子園でも最速は145キロにとどまった。

この日も球速で150キロなどは記録しなかったとみられるが、公式戦初完封を記録し、結果で佐々木投手に対抗する投球を見せた。「指のかかりがよかった。キレはよかった」とストレートもスライダーも球質には納得の表情を見せた。

及川投手は夏の甲子園で二段モーションを指摘された。そしてこの日も2回に二段モーションを指摘され、その後、「上げるのをゆっくりにしてやりました」と対応を見せた。高校野球では二段モーションの指摘が厳しかったり、けん制なども非常に厳格だが、U18などではその厳格さが逆効果となり苦しむ場面もある。その選手の特徴を奪う事にもなるため、この点は高野連の中でしっかりと議論をしてルールを決めてもらいたい。

次戦は東海大相模と対戦する。東海大相模も強力打線を形成しており、来年の神奈川を占う大一番となる。

2019年度-高校生のドラフト候補リスト
横浜高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

 


PAGE TOP