花咲徳栄・韮澤雄也選手がプロ志望表明「プロになるために来た」

花咲徳栄, 韮澤雄也, プロ志望表明

明石商に3-4で敗れ、初戦敗退となった花咲徳栄、プロ注目遊撃手の韮澤雄也選手は試合後に「プロ志望届は出します」と話した。

最後の夏は初戦敗退

花咲徳栄の韮澤雄也選手は、3度目の夏の甲子園を戦ったが、1年時はベンチメンバーでチームは甲子園を制覇、2年目はショートのレギュラーで出場し、初戦を突破したものの2回戦で横浜高校に敗れた。そして3度目の夏は初戦で敗退した。

相手はセンバツベスト4の明石商、来年のドラフトの目玉・中森俊介投手と対戦したが、3番遊撃手で出場した韮澤選手は4回にレフト前ヒットを打ち得点に絡んだ。それでもヒットはこの1本のみ、どんな好投手と対戦しても攻略をしてきた花咲徳栄打線だったが、中森投手に抑えられた。

韮澤選手は守備では、ファーストへの送球がそれてセーフになるミスがあったものの、9回には7回のピンチではベース上で滑りながらも併殺を完成させ、また8回にも最後のアウトとなるショートゴロを軽快に捌いた。

プロへ

韮澤選手は試合後に、「プロになるために埼玉に来た。プロ志望届は出します」と話し、プロ志望を表明した。

最後の甲子園は悔しいものになったが、「プレーしてて気持ちよかった」と話し、初戦敗退だったものの、高校3年間の想い出の中にしっかりと加えた。

次はプロの舞台で、甲子園球場でプレーする事になる。ドラフト会議では4位前後での指名が予想される。

2019年度-高校生内野手のドラフト候補リスト
2019年度-高校生-埼玉県のドラフト候補リスト

プロ注目遊撃手の韮沢は3打数1安打に終わり、肩を落とした。左の好打者は試合後に「プロを目指していくつもり」とプロ志望を明言した。

今春センバツ4強に明石商を導いた右腕に対し、「後半でもずっと同じボールを投げていた」と脱帽した韮沢。進路については「そのつもりで練習しています」と、プロ志望を明かした。

悔し3度目の夏、韮澤さあプロへ スポーツ報知紙面 2019/8/12

 


PAGE TOP