クラーク国際の144キロ右腕・新岡歩輝投手が東北福祉大に合格

2027年ドラフトニュース 高校野球ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース 2023年ドラフトニュース

クラーク記念国際高校で安定したコントロールを持ちながら、最速144キロの速球を投げて甲子園にも出場した新岡歩輝投手が、東北福祉大に合格した。

スポンサーリンク

プロ志望迷うも

新岡歩輝投手はクラーク国際で2年までショートでプレーをしていたが、その後投手に転向すると、コントロールの良い130キロ台の速球と変化球を織り交ぜる投球で安定感を見せ、今年のセンバツでは沖縄尚学の東恩納投手と投げ合い、9回3失点の投球を見せた。

夏には最速が144キロまで伸び、投球に力強さが増すと、夏の甲子園では1回戦の前橋商戦で9回1失点完投、2回戦では花巻東に敗れたものの、佐々木麟太郎選手を抑え込んで9回2失点の投球を見せていた。

夏の甲子園前には大学進学を決めていたが、甲子園での投球でプロ入りの気持ちが芽生え、両親などと相談を行ったというが、「1年から即戦力として使ってもらえる選手になりたい。大学では頂点を目指す」と大学で成長してからプロ入りを目指す。

新岡投手は今夏に3本塁打も放っており、強肩の遊撃手としての可能性もあるが、「最初はピッチャーでいく。」と話し、野手でも「使ってもらえるならチャレンジしたい」と二刀流の可能性も考えている。

プロ志望届を提出しなかった注目高校生(2023)
2023年の高校生のプロ志望届の提出が10月12日に締め切られ、139人が提出をした。2022年には154人が提出しており15人減となった他、高校通算140本塁打を放った花巻東の佐々木麟太郎選手や、仙台育英の高橋煌稀投手、湯田統真投手、専大...
【高校野球】甲子園3度出場、クラーク・新岡歩輝が東北福祉大合格…悩み抜いた末に決断「大学では頂点を目指す」…二刀流挑戦の可能性も : スポーツ報知
 今夏の甲子園に出場したクラークの新岡歩輝投手(3年)が1日、東北福祉大に合格した。2年春、3年春夏の計3度甲子園に出場。今夏はエースとして同校の聖地初勝利に貢献した右腕が、地元東北で大学日本一を目指
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2024 Draft home page

コメント