仙台育英、松田隆之介投手が7回5失点も144キロ記録

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

仙台育英はこの日、広島市内で広島商と練習試合を行い、対外試合初戦の先発に松田隆之介投手が登板した。

スポンサーリンク

144キロ記録

最速143キロ右腕の松田隆之介投手はこの日、初回にヒットでランナーを許すと、内野ゴロの間に1失点、2回にも2安打で追加点を許した。しかしストレートは自己催促を更新する144キロを記録すると、4回には2者連続三振。5回にも三振などで三者凡退に抑えた。「真っすぐに力強さが出てきた」と話した。

松田投手は「最初が良くなかった。簡単に点をやってしまった。入りが大事だと思うので、もっと繊細にやらないといけない」と反省した。仙台育英は147キロ右腕の伊藤樹投手がエース候補と見られるが、昨秋に4試合を投げて4失点、防御率1.80を記録した松田投手もエース候補、「このままでは通用しないと思う。自分が樹と仙台育英の2枚看板と言われるように、やっていかないといけない」と話した。

2021センバツ出場、仙台育英高校の注目選手
センバツ大会に出場するチームで、個人的に注目したい選手を紹介します。今日は仙台育英高校。

一冬の成果を発揮した。「うりゃ!」。松田は気迫のこもった直球を何度も投げ込む。自己最速を1キロ更新する144キロをマーク。キャッチャーミットにズバッと決めた。4回は2者連続三振締め。5回は三振を奪っての3者凡退。結果は5失点(自責3)だったが、納得のいく球もあった。「真っすぐに力強さが出てきた」。今冬はウエートトレーニングに重点を置き、投手に必要な肉体を鍛え上げた。初の対外試合となったマウンドで確かな手応えを示した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント