明治大・竹田祐投手が4回3安打4奪三振1失点、145キロ記録

大学野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

明治大のエース候補・竹田祐投手がオープン戦で今季初登板し、4回1失点の投球を見せた。最速は145キロを記録した。

スポンサーリンク

変化球交え

竹田祐投手は履正社高校出身で、最速149キロの速球に変化球を織り交ぜる実戦派投手。この日はストレートが最速145キロを記録、3回まで無失点に抑えた。

4回に先頭打者に四球を与え、そこから1失点をしたことに、「3回までは良かったんですが、4回のしょうもない四球から失点した場面ですね。きょう出た反省点を次に生かしたいです」と話した。それでも4回3安打4奪三振1失点に抑え、田中監督も「この時期にしては力のボールを投げてたね。これからでしょう」と話した。

森下投手、入江投手とエースがドラフト1位指名でプロ入りしている明治大。竹田投手もエースとして評価の高い投手となるか注目される。

2021年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
明治大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

ストレートは145キロをマーク。変化球を交えながら4奪三振と力を見せたが、4回に先頭を歩かせたあと適時打を浴びた点を反省。「3回までは良かったんですが、4回のしょうもない四球から失点した場面ですね。きょう出た反省点を次に生かしたいです」と試合を振り返った。田中武宏監督は「この時期にしては力のボールを投げてたね。これからでしょう」と及第点を与えていた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント