二松学舎大付が甲子園、秋山正雲投手の投球術にDeNA、ソフトバンクが高評価

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース 福岡ソフトバンクドラフトニュース 横浜DeNAドラフトニュース

夏の高校野球東東京大会は決勝戦が行われ、二松学舎大付の秋山正雲投手が、関東第一の市川祐投手との投手戦を制し、甲子園出場を決めた。

スポンサーリンク

6回までノーヒット投球

最速146キロの速球を投げる左腕として注目される秋山正雲投手はこの日、丁寧かつ大胆な投球で、バッターのインコースに強気に攻める投球を見せ、6回まで関東第一打線をノーヒットに抑えた。

7回先頭にヒットを許したものの、「気にしていませんでした」とその後も淡々と投げる。8回に1点を失ったものの、9回に140キロを超すストレートで打者を圧倒する投球を見せた。137球を投げて9回3安打8奪三振1失点、見事な投球だった。

この投球に福岡ソフトバンクの宮田アマスカウトチーフ補佐は「気持ちの強さが素晴らしい。チェンジアップが格段に成長した。力の出し入れもできるようになった。最後に圧巻のピッチングだった。1試合トータルはもちろん、大会を通してのペース配分ができているから、決勝でもガス欠にならずに投げきれていた」と話し、横浜DeNAの八馬スカウトも「力まずに投げていたので、真っすぐはキレがあった。要所では力を入れて投げるなど、ゲームメイク能力が高い」と、クレバーな投球を評価していたい。

この夏に複数の球団のスカウトが視察し、特に横浜DeNA、福岡ソフトバンクがマークを続ける。試合後の挨拶で関東第一の市川祐投手に「プロで頑張ろう」と声を掛けるなどプロ志望でもあり、現時点ではドラフト会議では4位前後での指名が予想されるが、甲子園での投球次第で、さらに上のランクに入ってくるかもしれない。

2021年度-高校生投手-左投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
夏の高校野球・東東京大会(2021)の注目選手:ドラフト注目度C
夏の高校野球東東京大会、プロが注目する投手が数人いるものの、野手も含めた全体的には例年よりも候補が少なく、ドラフト注目度はC。

▼ソフトバンク・宮田善久アマスカウトチーフ補佐(秋山について)気持ちの強さが素晴らしい。チェンジアップが格段に成長した。力の出し入れもできるようになった。

圧巻だった。伸びのある直球で強力打線を押し込み、6回まで無安打投球。7回先頭に中前安打を浴び、ノーヒットノーランこそ逃したが「気にしてませんでした」。自慢の直球は9回を通して常時140キロ超えを計測。「疲れはなく、コンディションも良かったです」と、前日(1日)の準決勝でのロングリリーフの影響をみじんも感じさせなかった。

二松学舎大付・秋山が大仕事、球種制限と先輩大江意識で成長/東東京 - 高校野球夏の地方大会 : 日刊スポーツ
二松学舎大付(東東京)のエース左腕・秋山正雲投手(3年)が関東第一打線を3安打1失点に抑え、3年ぶり4度目の夏の甲子園へと導いた。直球を両サイドに決め、チェン… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
二松学舎大付・秋山 連投なんの!六回までノーノー 3年ぶり4度目の夏切符/デイリースポーツ online
 「高校野球東東京大会・決勝、二松学舎大付5-1関東第一」(2日、東京ドーム) 東・西東京大会の決勝が行われ、東東京大会は二松学舎大付が3年ぶり4度目の夏切符。今秋ドラフト候補・秋山正雲投手(3年)が3安打1失点完投で聖地へと導いた。西東京大会は東海大菅生が4年ぶり4度目の優勝を果たした。千田光一郎外野手(3年)が四回...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント