高校野球高知大会の展望(2018)と注目選手:ドラフト注目度B

市川悠太, 谷合悠斗, 藤森涼一, 池田惇希, 辻海星, 中越啓斗, 中屋友那, 濱田世, 森聡希, 安田陸, 西村貫輔, 藤高祐一郎, 澤孝祐, 野村隆貴, 岡林倖生, 北代真二郎

夏の高校野球高知大会が7月14日に開幕します。

昨年のドラフトでは、明徳義塾の西浦颯大選手がオリックスのドラフト6位で指名された。また2年生の市川悠太投手が当時から注目されていた。今年はその市川投手がドラフトでも注目投手となり、ドラフト注目度はB。

地区

昨年は明徳義塾が梼原に7-3で勝利し5季連続となる甲子園出場を決めた。秋も優勝は明徳義塾、準優勝に高知高、ベスト4に高知追手前、高知商が入った。明徳義塾と高知の2校がセンバツに出場し、高知は初戦敗退し、明徳義塾も3回戦で敗退した。

春はセンバツ出場校が出ない中で、高知商が優勝し、土佐が準優勝、宿毛と高知西がベスト4に入った。

他には中村、岡豊、伊野商、高知中央などが甲子園出場を争う。

注目選手

明徳義塾の市川悠太投手は、右のサイドハンドから最速148キロを記録、センバツでは大量失点するクセも見られたが、投げる球、そして変化球も含めて抑えていく力は一級品で、ドラフト上位で消えてもおかしくない。

また、明徳義塾の谷合悠斗選手も右の大砲で、迫力満点の主軸の働きをする。甲子園でもホームラン、明治神宮大会でもホームランを打ち、大舞台でも結果を残せる選手。プロも右の強打者の一人として注目する。

その他の注目選手

投手では高知高校の中屋友那投手が、中学時代にU15代表に選出されるなど能力の高い投手で期待されていた。178cmの右腕で130キロ後半の速球を投げるものの、当初の期待からするともう少しという印象、最後の夏に力を見せられるか。高知商の北代真二郎投手は182cm81kgの右腕で140キロを記録、体の力を指に蓄えて投げることができ、ツーシームなどの変化球も良い。

高知追手前の岡林倖生投手は170cmの左腕で130キロ後半の球はさらに早く見える。高知東の野村隆貴投手は177cmの右腕で140キロを記録する。岡林投手と野村投手と、明徳義塾の市川投手は同じ中学で一緒にプレーしていた。

中村高校の東俊介投手は176cmの右腕で135キロを記録、制球力がよく春は安定した投球を見せた。高知商の尾崎眞也投手は球威はまだまだも多彩な変化球を投げる。

野手では明徳義塾の池田惇希選手が180cm90kgの右の大砲で、速球派投手からもホームランを豪快に放つ。藤森涼一選手は馬淵監督も驚愕の50m5.6秒の足があり、遠投も100mを記録する身体能力の高い選手。真鍋陸選手も体は大きくないがスイングスピードが速く、しっかりと打てる。

高知高の辻海星選手は181cm91kgの左打者だが、アベレージを残すタイプのバッター。中越啓斗選手は170cm71kgだがフルスイングでホームランをかっ飛ばす1番バッター。高知商の近澤孝祐選手は177cmの左打者でこの春に3本塁打を放ち注目された。藤高祐一郎選手もインパクトの強い打撃で強い打球を打つ。

下級生では高知商の2年生・西村貫輔選手が春に2番ショートで起用され活躍を見せた。3年時には注目されそう。明徳義塾の2年生・安田陸捕手は177cm83kgの体がある捕手で、強肩ぶりを見せ、打撃も良いものを見せている。高知高校の森聡希投手が170cm85kgの左腕で、中学時代から重い速球に注目されていた。そして高知高は1年生で濱田世投手が加入した。U15代表の右腕で180cm70kgの体があり、すでに130キロ中盤の速球を投げている。

優勝予想

明徳義塾はエースと4番、前後を固める選手も充実しており、優勝の可能性が高いのは変わりない。しかし、高知高校は1,2年生で中学時代に注目された選手が加入しており、戦力が高まってきている。

28校と少ない中で戦うが、明徳義塾は高知中央、宿毛、土佐、伊野商などがいるブロックで、高知は高知商、高知追手前などがいる。決勝までしっかりと勝ち上がってくるかどうか注目したい。

2018年度以降-高校生-高知県のドラフト候補リスト


PAGE TOP