国士舘の注目選手ー2020センバツチームの紹介

国士舘高, 鎌田州真, 黒澤孟朗, 中西健登, 林悠永, 水上颯一郎, 中泉大樹, 斎藤光瑠, 吉田健吾, 清水武蔵

センバツに出場するチームの注目選手を紹介します。今日は東京チャンピオンの国士舘。

国士舘の注目選手

注目度A:必見・見ないとヤバイ、注目度B:成長をチェック、注目度C:素質をチェック

注目度B:鎌田州真選手、184cmの大型選手で1年時はショートで大きさが光っていた。2年秋はセカンドを守り、また投手としても力をつけてきている。大型右腕としての可能性も見てみたい。

注目度B:清水武蔵選手(2年)、遠投110mの強肩で中学時代は捕手として座りながらセカンドへ送球をしていた。1年秋はセンターを守ったが、今年の秋の新チームからは捕手になる予定、打撃でも3番バッターとして高い技術を持っている。

注目度B:林悠永選手(2年)、昨秋は1年生で1番を打ち打率.471の高い打率を見せた。主軸として期待される選手で、まずはその打撃とプレースタイルを見たい。

注目度C:黒澤孟朗選手、167cmと小柄で独特なフォームの選手だが、スイングが大きく長打力がある。その長打力に磨きがかかっているが注目したい。

注目度C:吉田健吾選手、179cm83kgの捕手で遠投100mの肩が光る。長打力が出る強い打球を打つ事もできる。肩の強さと打撃の強さを見たい。

注目度C:斎藤光瑠選手、レフトで出場の左投げ左打ちの外野手、秋は11安打のうち2ベース4本、3ベース2本、ホームラン1本という長打力を見せた。打撃をチェックしたい。

注目度C:中泉大樹選手、鎌田選手に代わりショートを守る。遠投100mの強肩の選手でまずはショートでの動きを見たい。

注目度C:中西健登投手、186cmの大型投手で球速は130キロ前半が多いが、消えると言われるシンカーが得意。大型投手で球速が出そうか注目したい。

注目度C:水村颯一郎選手は50m6.0秒でチーム一の俊足、まずはその足を見たい。

チーム

投手は軟投派の中西投手で、吉田捕手のリードで抑えていく。リリーフでは大型の鎌田投手が130キロ中盤の速球を投げる。野手は新2年生の林、清水が良く、やや不振だった鎌田、黒澤をカバーした。斎藤、吉田などクリンナップの後ろの選手も打てる選手が並び、主軸の出来が鍵となる。

投手は4点に抑え、打線が6点を奪い、接戦をものにしたい。

国士舘高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価


PAGE TOP