2019年注目の社会人のドラフト候補

2019年に注目されそうな社会人野球のドラフト候補選手を紹介します。

投手

2018年に指名された選手と比較をしてみます。

年度 2018(指名順位) 2019(予想順位)
ドラフト候補 杉山一樹・三菱重工広島(2位)
生田目翼・日本通運(3位)
大貫晋一・新日鐵住金鹿島(3位)
荒西祐大・Honda鈴鹿(3位)
勝野昌慶・三菱重工名古屋(3位)
弓削隼人・SUBARU(4位)
齋藤友貴哉・Honda(4位)
富山凌雅・トヨタ自動車(4位)
板東湧梧・JR東日本(4位)
坂本光士郎・新日鐵住金広畑(5位)
左澤優・JX-ENEOS(6位)
森脇亮介・セガサミー(6位)
奥村政稔・三菱日立PS(7位)
太田 龍・JR東日本(1位予想)
立野和明・東海理化(2位予想)
河野竜生・JFE西日本(2位予想)
宮川哲・東芝(3位予想)
岡野祐一郎・東芝(3位予想)
西田光汰・JR東日本(3~4位予想)
小木田敦也・TDK(3~4位予想)
小久保気・西濃運輸(3~5位予想)
山口裕次郎・JR東日本(4~6位予想)
嘉陽宗一郎・トヨタ自動車
葛川知哉・トヨタ自動車
緒方太地・ヤマハ
水野匡貴・ヤマハ
草場亮太・日本生命
高橋拓已・日本生命
東野龍二・Honda
細川悠士・室蘭シャークス
佐藤僚亮・新日鐵住金鹿島
小又圭甫・NTT東日本
野村尚樹・東京ガス
石田光宏・東京ガス
大場遼太郎・JX-ENEOS
濱口雄大・JR四国

2018年はドラフト1位候補として注目された投手はおらず、ドラフト会議でも最上位は2位の杉山投手だった。しかしこの杉山投手は実績はあまりなかったが、都市対抗で投げた150キロの角度のある球で、社会人最上位の評価でプロ入りをした。

元から評価が高かった日本通運の生田目投手は順調に3位で指名されたが、社会人投手は3,4位に指名が集まり、全体的に評価が低いわけではなかった。ただし、高卒3年目の若い投手と、ベテランの指名が目立ち、本格派の先発投手という指名ではなかった。

2019年はドラフト1位候補がいる。JR東日本の太田投手は高校卒3年目の若い選手でもあり、150キロ級の球を投げる先発の本格派右腕、プロ1年目から先発ローテーション入りが期待できる。また東海理化の立野投手も150キロを投げる右腕、JFE西日本の河野投手はこの秋の日本選手権で素晴らしい実績を残した。左腕であり高校3年目という事で2位で指名されるとみられる。

社会人投手は1位、2位で高校生や大学生投手が指名された後に位置付けられる事が多く、来年も3位で指名が多くなるかもしれない。そこでは、東芝の宮川投手は150キロ超の球を投げ、また今年指名漏れとなった岡野投手もやはり良い球を投げており、来年は高く評価されるかもしれない。また若いJR東日本の西田投手は沈む球があり、TDKの小木田投手は150キロを超す球威ある球を投げ、JX-ENEOSの大場投手、西濃運輸の小久保投手も都市対抗で力のある球を投げた。力のある球を投げるリリーフとして評価されそうだ。

東京ガスの野村尚樹投手、トヨタ自動車の嘉陽宗一郎投手、ヤマハの緒方太地投手、日本生命の草場亮太投手、NTT東日本の小又圭甫投手、JR四国の濱口雄大投手などは150キロの球を投げる力があり、今年の杉山投手のように一気に社会人トップに踊り出るかもしれない。

トヨタ自動車の葛川投手、Hondaの東野投手、ヤマハの水野投手は大学時代に大きな実績を残し、社会人でも1年間を通じて安定感を見せられれば指名候補になる。また日本生命の高橋投手、東京ガスの石田投手は今年指名漏れとなったが、来年にプロのスカウトに目の覚めるような投球を見せてアピールしたい。

そしてJR東日本の左腕・山口投手は調子を落としているが、高校時に日本ハムから6位で指名された実績があり、順位を上回って指名されるか、復活に期待したい。

2019年度-社会人投手のドラフト候補リスト

捕手

年度 2018(指名順位) 2019(予想順位)
ドラフト候補 なし 小畑尋規・トヨタ自動車(3~5位指名)
小林 遼・JX-ENEOS
柘植世那・Honda鈴鹿
木村天響・セガサミー
渡辺和哉・JR東日本

2018年は社会人野球でプレーした捕手は0人と寂しい結果となった。2019年も確実に指名されそうという捕手はいないが、トヨタ自動車の小畑選手は高校、大学時代からの実績を積んでいる。チームでは元プロの細山田捕手が力を見せているが、マスクを被る機会を増やし細山田選手から吸収してチームを全国大会で優勝させたい。

JR東日本の渡辺選手は今年、復活基調を見せており、もともと打撃のある選手だったので、来年は打撃でも爆発力を見せたい。またセガサミーの木村選手は高校卒3年目の選手で、高校時は打撃と強肩に注目された。勢いはもっともあるかもしれない。小林選手、柘植選手はまずチームを都市対抗に導くことが必要、そこでかなりの打撃でのアピールが必要となる。

2019年度-社会人捕手のドラフト候補リスト

内野手

年度 2018(指名順位) 2019(予想順位)
ドラフト候補 山野辺翔・三菱自動車岡崎(3位)
木浪聖也・Honda(3位)
松田進・Honda(7位)
吉田大成・明治安田生命(8位)
片山勢三・パナソニック(2~3位予想)
諸見里匠・日本通運(3~5位予想)
大友祥之・北海道ガス
原澤健人・SUBARU
糸野雄星・JR東日本
下石涼太・トヨタ自動車
土谷恵介・鷺宮製作所
笠松悠哉・ヤマハ
小深田大翔・大阪ガス

2018年は投打そろってアピールできた選手がおらず、特に打撃でアピールできた内野手はいなかった。源田選手の活躍もあってか、プロのスカウトは社会人で守備のうまい選手を獲得して、使い続ければ打撃も付いてくるという感覚を持っていた。その中で、守備でプロ1軍でもやれそうな安定感のある山野辺選手、木浪選手が3位という評価で指名された。

2019年はまず打撃でパナソニックの片山選手が素晴らしい活躍を見せており、セガサミーだった宮崎敏郎選手をイメージされて高い評価で指名されそうだ。また守備では日本通運の諸見里選手が高い能力を見せており、ショートの即戦力候補として今年の山野辺選手くらいの評価は得られそうだ。

この他は可能性のある若い選手で、糸野選手は高卒3年目、明秀日立で細川選手などと注目された強打があり、今年ブレークを期待したい。他に打撃ではヤマハの笠松選手が大阪桐蔭、立教大で見せた長打力を、原澤選手も打撃の評価が高く、打撃でアピールをしたい。小深田選手、土谷選手、下石選手は大学時代の実績もある選手で守備は一定レベル以上、後は足や肩など3拍子でアピールをしたい。

2019年度-社会人内野手のドラフト候補リスト

外野手

年度 2018(指名順位) 2019(予想順位)
ドラフト候補 近本光司・大阪ガス(1位) 佐藤広之・日本通運
内海大寿・日本通運
三倉 進・日立製作所
笹川晃平・東京ガス
服部創太・JR東日本
佐藤直樹・JR西日本
原田拓実・JR西日本

社会人外野手には厳しい時代が続く。そんな中、2018年は近本選手が都市対抗で走攻守に素晴らしいプレーを見せ、ドラフト1位で指名された。しかし、注目された東京ガスの笹川選手は大学でも社会人でも代表で4番を任されるなどトータルの実績があるものん、これくらいのアピールが無ければドラフトでは指名されないことが逆に証明された。

今年の候補としては、日本通運の佐藤選手は186cmの大きさがありパンチ力があるが、身体能力が高く、足・肩でもアピールできる。また、三倉選手も身体能力が高校、大学で注目されていたが、大学の中盤までは投手をしており、外野手としてのプレーはスカウトにも新鮮さをもって評価されそうだ。

他にも佐藤選手、原田選手は足で、内海選手はパンチ力でアピールをしたい。服部選手は素質ある選手で国際武道大でも期待されていた。殻を破る活躍を見せたい。

2019年度-社会人外野手のドラフト候補リスト


PAGE TOP