立命大・元氏玲仁投手が復活!147キロ記録し野球継続へ

元氏玲仁, 立命館大

龍谷大平安で投手としてセンバツ優勝に貢献し、立命館大で外野手としてプレーしていた元氏玲仁選手が、大学最後のリーグ戦のカードの初戦で大学初登板をした。

龍谷大平安で先発優勝

元氏玲仁投手は178cmの左腕投手で、龍谷大平安では2年で出場したセンバツで、高橋奎二投手(2015年、ヤクルトドラフト3位)と共に2年生左腕コンビで交互に先発し、見事に優勝をもたらしている。

投手として将来が期待されたものの、その後、2年生に春の近畿大会で一塁へ悪送球をし、これがきっかけとなって「イップスになりました」と投げることに不安を持つようになり、投手としてもフォームを崩していった。高橋投手がプロ入りする中で立命館大に投手として入学したものの、まともに投げることができずに1年秋に野手に転向し、外野手としてプレーしていた。

外野手として出場する機会もあったものの、徐々にその機会が減っていった。しかし、外野手として練習を重ねるうちに、投げても不安を持つ事がなくなり、今年8発の京都トーナメントで大学初登板をすると、145キロを記録した。

努力にご褒美

その後、オープン戦で1度登板すると、紅白戦などでも好投を見せ、そしてこの日、4年生として大学野球最後となる秋のリーグ戦の最終カード、同志社大1回戦に8回2アウトから登板をした。

元氏投手は初球にインコースに140キロのストレートを投げてストライクを奪うと、2球目に外角へ147キロのストレートを投げ空振りを奪う。そして最後は高めの140キロの球を打たせて空振りで三振を奪った。「久しぶりでした。後ろを向いたらみんなが守っていて。小学生から投げていた、わかさでもありましたし」と話し、京都でプレーしていた元氏投手の原点である、わかさスタジアムで、再び投手として輝きを取り戻した。

後藤監督は「ベンチで頑張ってきた4年生に最後、何とか報いたかった。彼の努力です。4年間かけてやっと投げられるようになった」と話し、元氏投手も「今は失うものはないので、楽しく投げさせてもらいました」と話し、「野球が好きだったから4年間気持ちが折れることはなかった。自分の実力を受け止められたし、モチベーションは下がらなかった」と4年間を振り返った。

高校では高橋投手、そして昨日のドラフト会議では大学から坂本裕哉投手がドラフト2位で指名され、共に左腕のチームメイトがプロに行く姿を見届けた。元氏投手は卒業後は野球をやめるつもりでいたが、この日の投球で、軟式ではあるが企業チームでプレーすることが決まった。プロ入りもあきらめていたのだが、「軟式だけど続けていたらないこともないので」と話し、「自分で伸びしろを感じている。まだまだいける。もう少しやれば150キロは出ると思う。」と軟式野球で150キロを記録し、プロ入りの気持ちを再び持ち始めた。

4年間、野球を楽しみ、努力を続けた元氏投手に、大学の最後に神様がご褒美を与えたのだろう。再びプロ入りの希望が灯り、センバツ優勝投手がプロへ続く道を歩み始めた。

龍谷大平安高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
立命館大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

龍谷大平安2年時にヤクルト高橋との2枚看板でセンバツ優勝。直後に悪夢が待っていた。本人の回想によると、絶好調だった2年春の近畿大会で一塁に悪送球したことをきっかけに「イップスになりました」。フォームが崩れ、修正できないままズルズルと時が過ぎていった。

「奇跡」が起きたのはこの夏だ。外野から遠投を続けるうちに、いつしかイップスは治っていた。今年8月の京都トーナメントで後藤昇監督の指示で大学初登板。ほぼ練習なしで145キロを出した。


PAGE TOP