早稲田大進学・中村敢晴選手、法政大進学・山城航太郎選手、4年後にプロへ

2024年ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース

早稲田大に進学する筑陽学園・中村敢晴選手と、法政大に進む福岡大大濠の山城航太郎選手が、それぞれ4年後のプロ入りについて語った。

スポンサーリンク

兄を追い

筑陽学園・中村敢晴選手は、183cmの大型内野手で、高い身体能力もあり1年時から注目されていた。3年時には主将に抜擢され、甲子園出場を目指したものの、夏の甲子園大会が中止となり、夢は叶わなかった。

それでも新型コロナの活動自粛中に、トレーニングと食事で体重を13kg増やし、打撃や守備に安定感が出た。「自分にとっては良い期間だった」と話す。そして「全国トップの選手が集まっている大学なので、チャレンジしたいと思った」と早稲田大のスポーツ推薦を受験、4人という狭い枠をくぐり抜け合格した。

父親は早稲田大で主将を務め、首位打者、ベストナインに輝いている。まずは大学で父親の活躍を追い越したい。そして最終的な目標は、ソフトバンクでプレーする兄・中村宜聖選手だ。「大学で頑張って、4年後、プロに指名される選手になりたい」と話し、大学で兄を追いかける。

同級生を追い

福岡大大濠の山城航太郎選手は、中学時代にU15代表入りして活躍し、福岡大大濠でも149キロを記録する投手となり、また高い身体能力で遊撃手としてもプレーしていた。山下舜平大投手とは、中学時代から隣の中学のエースとして競ってきた相手で、同じ高校に入ってもライバルとしてともに成長をした。プロへいく山下投手について、「自分にとってすごく大きい存在。舜平大がいることで、自分ももっと上を求めるようになった」と話す。

山城投手は「昨秋149キロを出して、今年は試合でプロへアピールするつもりだった。でもコロナでアピールできなかった」と、先輩の三浦銀二投手などのいる法政大への進学を決めた。そして山下投手は恵まれた体もあり、153キロを記録してドラフト1位でオリックス指名された。

山城投手は「4年後は同じステージに立ちたい」と話し、山下投手のいるプロ野球に進むことを目標とする。法政大の推薦発表では内野手となっているが、遊撃手、または投手として、4年後にどんな選手になっているのか注目を続けたい。

早稲田大がスポーツ推薦合格発表、中京大中京・印出太一捕手、東邦・吉納翼選手など4人が合格
早稲田大は2021年度のアスリート選抜入試の合格者を発表し、中京大中京の印出太一捕手、高校通算44本塁打の東邦の吉納翼選手などなど4人が合格した。
法政大のスポーツ推薦合格者(2021)、木更津総合・篠木健太郎投手、中京大中京・西村友哉選手など15人が合格
法政大は2021年に入学するスポーツ推薦合格者を発表した。合格した選手を紹介します。
早大で日本一に・中村、舜平大と同じステージへ・山城 西日本スポーツ紙面 2020/12/19

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント