天理大の148キロ右腕・牛島樹投手がリリーフで7回9K、4球団視察し広島が評価

大学野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース 広島カープドラフトニュース

天理大の148キロ右腕・牛島樹投手が3回からロングリリーフを見せ、7回9奪三振無失点の好投を見せた。この試合には4球団のスカウトが視察をしている。

スポンサーリンク

4球団が視察

この日は先発投手が2点を奪われ、3回からエースの牛島樹投手が登板した。緩急を付けたピッチングで2者連続三振を奪うと、その後もランナーを出しても要所を三振で切り抜け、7回を投げて9奪三振で無失点、チームも逆転し4-2で勝利した。

この日野最速は145キロ、「ゼロに抑えて、チームが勝てたのが一番。それを意識しています。相手が真っすぐが強いのは分かっていた。変化球でどうカウントを稼ぐか。ファウルを打たせる狙いもありました」と話し、スライダー、100キロ前後のスローカーブ、カットボールで追い込み、最後は落差のあるフォークボールで三振を奪った。

この試合には4球団のスカウトが視察しているが、広島の鞘師スカウトは「球種が多彩だし、柔らかい腕の使い方をする」と評価した。藤原監督も「手足が長いから、ボールを押し込める。打者は距離を詰められてくる。角度もあるので、低めに沈む球が有効です」と話す。

広島の森下投手、東北楽天の岸投手を理想とする牛島投手、更に球速が増してくれば非常に楽しみな投手だろう。

2021年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2021年度-阪神大学リーグのドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

バックネット裏ではNPB4球団が視察した。広島鞘師スカウトは「球種が多彩だし、柔らかい腕の使い方をする」と評価した。100キロを切るスローカーブも織り交ぜ、スライダー、カットボールも用いる。藤原忠理監督(55)は「手足が長いから、ボールを押し込める。打者は距離を詰められてくる。角度もあるので、低めに沈む球が有効です」と特長を説明した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント