富士大の148キロ右腕・村上英投手が1安打完封、鈴木翔天投手は肘痛でベンチ外

富士大, 村上英, 鈴木翔天

北東北の王者・富士大は、148キロ右腕の村上英投手が八戸工大戦に先発し、1安打完封勝利を飾った。149キロ左腕の鈴木翔天投手は左ひじ痛のためベンチ外となった。

右のエース

村上英投手は宇都宮南高校の右腕で、180cmの身体から148キロの速球を投げる。この日の八戸工大戦では初回に先頭打者にヒットを許したものの、それ以降許したヒットは無く、1安打完封勝利を挙げた。「今年から使いはじめたツーシームがよかった。楽しく投げられた」と話した。

プロが注目する184cmの149キロ左腕・鈴木翔天投手は、左ひじ痛のためにベンチ外スタートとなった。村上投手は「鈴木が帰ってきてもエースの気持ちで投げていきたい」と、エースとして投げていくことを誓った。

終盤戦の山場に向けて鈴木投手も復帰を目指していると思うが、村上選手もこの間に実績を積んで、八戸学院大との試合ではどちらが先発しても勝てる状態で臨みたい。

富士大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

先発の村上英投手(4年)が一回の先頭打者に許した1安打のみで初完封し「今年から使いはじめたツーシームがよかった。楽しく投げられた」。プロ注目のエース左腕、鈴木翔天(そら)投手(4年)が左肘痛でベンチ外となったが「鈴木が帰ってきてもエースの気持ちで投げていきたい」と話した。


PAGE TOP