星稜高, 奥川恭伸

阪神は、今日甲子園で行われる高校野球の準決勝、そして決勝にもスカウトが視察することを決めた。星稜・奥川恭伸投手を徹底的にマークする。

星稜高, 奥川恭伸

星稜・奥川恭伸投手が、今後のプロフィールに燦然と輝くようになりそうな23奪三振の投球を見せた。甲子園に居残りしているスカウトからも絶賛の声が相次いだ。

星稜高, 奥川恭伸

中日はこの日、松永編成部長、米村チーフスカウトなど全スカウトが甲子園に集まり、星稜の奥川恭伸投手を視察した。

奥川恭伸

旭川大高戦で153キロを記録し、3安打9奪三振で完封勝利をした星稜・奥川恭伸投手について、12球団スカウト及びMLBスカウトから絶賛の声が挙がっている。

履正社高, 井上広大

履正社のプロ注目スラッガー・井上広大選手が3試合連続となるホームランで甲子園出場を決めた。この試合には東北楽天のスカウトが視察に訪れた。

高知高, 森木大智

高知大会は決勝が行われ、明徳義塾が高知高を下して甲子園出場を決めた。高知は注目の150キロ右腕・森木大智投手が準決勝に続き登板をした。

赤坂諒, 上野学園

上野学園の赤坂諒投手はこの日、東東京大会準々決勝で修徳戦に先発すると、最速149キロを記録したストレートで9回4安打1失点に抑え、強豪を撃破した。

JR東日本, 太田龍

都市対抗野球では、JR東日本のドラフト1位候補・太田龍投手が先発し、6回途中まで5安打3奪三振1失点という内容を見せた。

佐々木朗希, 大船渡高

大船渡・佐々木朗希投手が7月18日の一戸戦で見せた6回ノーヒット155キロの投球に、視察をした日米13球団のスカウトが評価をしている。評価や視察したスカウトなどをまとめます。

武田高, 谷岡楓太

152キロの速球を投げて注目される武田の谷岡楓太投手が、高校最後の夏初登板をし、最速148キロを記録した。

スポンサーリンク
PAGE TOP