DeNAドラフト3位・伊勢大夢投手が、ソフトバンク5位・柳町達選手に被弾

明治大, 慶応大, 伊勢大夢, 森下暢仁, 柳町達

横浜DeNAからドラフト3位で指名された明治大の伊勢大夢投手が、ドラフト後の公式戦に臨んだが、福岡ソフトバンクドラフト5位指名の慶応大・柳町達選手に初回に2ランホームランを浴びた。

甘い考えがあった

明治大は優勝街道を走る慶応大との大事なカードで敗れれば優勝の可能性が消える試合だったが、エースで広島ドラフト1位の森下暢仁投手は発熱のために回避すると、先発2番手を任される伊勢大夢投手が先発をした。

しかし初回、ランナー一人を置いて3番・柳町達選手を迎えると、初球のチェンジアップを捉えられ先制の2ランホームランを浴びた。「チェンジアップなら初球から振ってこないだろうと甘い考えがありました」と反省した。

その後は7回までなげて6安打7奪三振も6つの四死球を与えるなどで4失点、粘りも見せたが制球が良くなかった。伊勢投手は「もっと制球を磨かないと駄目です」と話した。

森下投手は「もう大丈夫」と今日の2回戦には登板する予定で、優勝の可能性は消えた明治大だが「勝ち点を奪いたい」と意地の投球を見せる。明治大は今週と来週の立教大戦を残すのみで、森下投手、伊勢投手の大学最後の投球に注目したい。

2019年ドラフト会議、指名選手一覧

「(柳町には)チェンジアップなら初球から振ってこないだろうと甘い考えがありました」とガックリ。プロ入りに向けて「もっと制球を磨かないと駄目です」と課題を挙げた。


PAGE TOP