横浜DeNAの2019年ドラフト指名選手:担当スカウトとその評価など

横浜DeNAのドラフト会議指名選手の、担当スカウトによる評価、詳細です。

1位・森敬斗 桐蔭学園高 内野手 175cm75kg 右左

担当スカウト:稲嶺茂夫

スカウトの評価:走・攻・守、三拍子揃ったNO.1遊撃手。強力な足、肩をいかした躍動感のある守備力と、思い切りの良い打撃はレベルが高い。スピードのあるプレースタイルは魅力があり、将来のレギュラーとして期待。

紹介:50m5.8秒の俊足に遠投120mの強肩遊撃手。2年秋の関東大会でサヨナラ満塁弾など2本塁打。U18代表では不動の1番バッターで長打でチャンスを作った。ショートとして強い肩を見せ、代表では外野手としてファインプレーも見せた。

2位・坂本裕哉 立命館大 投手 180cm83kg 左左

担当スカウト:安部建輝

スカウトの評価:MAX148km/hのストレートが魅力の投手。制球力と安定感がともにある。140km/h台の直球はキレがあり、変化球を交えたクレバーな投球術が魅力。

紹介:力みが無く、無駄のないフォームから148キロのストレートを投げ、東投手から伝授されたチェンジアップを駆使する。4年春は防御率0.86などで投手3冠、MVPに輝いた。

3位・伊勢大夢 明治大 投手 181cm90kg 右右

担当スカウト:八馬幹典

スカウトの評価:スリークォーターから最速150km/hを超える馬力のあるストレートは迫力十分。課題の変化球も成長し、2019年度東京六大学野球秋季リーグ戦では先発で活躍。先発、中継ぎどちらでも1年目から活躍が楽しみなパワーピッチャー。

紹介:スリークォーターからの151キロの速球は重さがあり、インコースにも攻められる。2種類のスライダーを投げ決め球はシンカー。

4位・東妻純平 智弁和歌山 捕手 172cm77kg 右右

担当スカウト:安部建輝

スカウトの評価:選抜高等学校野球大会と全国高等学校野球選手権大会に5季連続出場。強肩で二塁送球も1秒8台を記録。小柄ながら、打撃でもホームランを兼ね備えた、長打も魅力な強肩・強打の捕手。

紹介:元々投手も高校から捕手となり遠投125mの強肩でセカンドまで1.83秒を記録する。甲子園には5大会連続出場。高校通算34本塁打のパンチ力も魅力。兄は千葉ロッテの東妻勇輔投手。

5位・田部隼人 開星高 内野手 185cm83kg 右右

担当スカウト:安部建輝

スカウトの評価:長身の大型遊撃手。長打も兼ね備えた、柔らかい打撃が魅力。荒削りな所はあるが、将来の遊撃手レギュラーとして期待できる素材。

紹介:大きな体だがショートで、ハンドリングが柔らかくスローイングも強い守備を見せる。この夏の島根大会では2本塁打を放ち決勝まで勝ち進むも準優勝。高校通算20本塁打で、通算打率は.494。レフトへ強い打球が飛ぶため、外野4人シフトを組まれたが、それでもレフトにヒットを打った。

6位・蝦名達夫 青森大 外野手 185cm88kg 右右

担当スカウト:欠端光則

スカウトの評価:走・攻・守でそつがない。バットコントロールに定評があり、勝負強さを兼ね備えており、長打力もある。選球眼も良く、投手が嫌がる打者。守備力も高く、ランナーを先の塁に進ませない。走塁も積極性があり、少しの隙も見逃さない。

紹介:体が大きいものの50m6.0秒で走る身体能力があり、肩の強さも光る。4年時は主将として勝負強い打撃を見せ、大学を16季ぶりの優勝に導く。

7位・浅田将汰 有明高 投手 182cm84kg 右右

担当スカウト:篠原貴行

スカウトの評価:長身のスタイルから強い腕の振りで繰り出されるストレートは140km/h後半を計測する。ボールの角度もあり、変化球の精度が上がれば楽しみな素材。また、打撃センスもあり長打が打てる魅力もある。

紹介:最速149キロの速球を投げる剛腕で、沈む変化球も魅力。U18代表に選出されると2試合に先発した。


PAGE TOP