U18戦士でプロ志望表明なかった林優樹投手、水上桂捕手、森敬斗内野手がプロ志望届提出

林優樹, 森敬斗, 水上桂

U18ワールドカップを戦った選手たち、大会後に希望進路について各紙が調査をしていたが、そこで希望進路をプロとしていなかった3選手がこの日、プロ志望届を提出した。

プロ志望へ

近江の林優樹投手は、社会人野球に進むという情報があり、地元の西濃運輸へ進むと見られていた。夏の甲子園終了後には「いつかプロの世界に入れるよう、勝てる投手になりたい」と話し、プロへの思いがあるものの、1段階を経て成長してからという事も示唆していた。

また明石商の水上桂選手は大学に、桐蔭学園の森敬斗は大学かプロかで判断が未定となっていた。そして森選手は帰国後に監督や両親と話し合いをし、プロ側の高い評価なども考慮した結果、プロ志望届を提出することを決めていた。

そしてこの日、森選手のプロ志望届提出の公示がされたが、林投手、水上捕手も一緒に公示された。

プロ志望届提出のタイミング

林投手は、昨年夏の甲子園で鋭い変化球と伸びのある球を投げ、プロのスカウトからは伸びやかなフォームと鋭い変化球を高く評価する声が多かった。今年も春の近畿大会、そして夏の滋賀大会で素晴らし投球を見せていたが、夏の甲子園では東海大相模戦で9回6安打5奪三振6失点で初戦敗退、U18では左のリリーフとして期待されたものの、アメリカ戦の先発などでペースが乱れたか、その後は重要な場面で起用が少なく、スーパーラウンドの韓国戦でタイブレークで起用されたものの、バントの処理をミスし逆転を許すプレーへとつながってしまった。

それでも大学生との壮行試合ではピンチを抑える好投を見せていた。体は小さいものの、特徴のある左腕でプロ側も興味は示していたと思うが、社会人に進むという情報は確かに出ていた。最終的な指名リストの絞り込みを行うスカウト会議をすでに終えた球団もあり、大会後に家族や監督と話し合ってプロ志望に切り替えたというのなら、もっと早いタイミングでのプロ志望届提出が必要だったと思う。

このタイミングでの提出となると、まだ本人はプロ球団と交渉できないが、監督などに想定以上に高い評価の情報が届いているのか、獲得を強く希望する球団があるのかと想像してしまう。すでに大学や社会人のセレクションなども終盤に差し掛かっており、U18代表という事もあって、二人とも進路についてはある程度絞り込まれているものとみられるが、プロ志望をした場合にドラフト会議での順位縛りのようなものがあるのかなども考えてしまう。

U18戦士11人がプロ志望

これでU18戦士は、西純矢投手や宮城大弥投手、前佑囲斗投手、武岡龍世選手、石川昂弥選手、韮澤雄也選手、遠藤成選手など11人がプロ志望届を提出した。佐々木朗希投手と奥川恭伸投手、山瀬慎之助捕手も締め切りまでには提出するとみられる。

最終的にはU18代表の3年生18人の内、プロ志望届提出選手は14人となりそうが、他に大学への進学を希望している習志野の飯塚脩人投手や智弁和歌山の池田陽佑投手などのプロ志望届提出があったりするのかも気になる。

森選手はプロ志望の可能性もあることから、各球団ともドラフト上位候補という事で名前を残していたとみられ、ドラフト会議でも上位指名が期待される。林投手、水上捕手がドラフト会議で指名をされるのか注目をしたい。

侍ジャパンU18代表の進路(2019)
2019年高校生プロ志望届提出選手一覧


PAGE TOP