天理高・達孝太投手が紅白戦で145キロ、「もう少し3,4キロは出ます」

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

天理高校が紅白戦を行い、プロ注目の193cm右腕・達孝太投手が145キロを記録した。

スポンサーリンク

自己最速は146キロ

達孝太投手はこの日の紅白戦で7回から登板すると、1アウトを取って次の打者の時に145キロを記録した。9回までの3回を投げて2失点をしたものの、右打者のインコース高めのストレートで2つの三振を奪った。

「追い込んでからの高め速球は、シュート成分が入って空振りを取れてよかった。メジャーでも右打者の空振りを取りやすい。理想の高めのまっすぐ」と話し、手応えを感じたという。球速については「まだ3,4キロは出ます」と話し、150キロ近い球は投げられると話した。

193cmの長身から投げられるストレートは、センバツでも高い注目度となりそうだ。明日23日に組み合わせ抽選が行われるが、「秋に負けた大阪桐蔭に絶対リベンジしたい」と話し、強打者の揃う大阪桐蔭との対戦を希望した。

センバツでは140キロ後半から150キロを計測する可能性が高くなった。登板が今から楽しみ。

2021年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
【決定】センバツ出場校と注目選手一覧(2021)
2021年3月19日開幕のセンバツ高校野球大会に出場する32校がに発表された。出場高校と注目選手を紹介します。
天理エース達、早くも145キロ 日刊スポーツ紙面 2021/2/22

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント