花巻東・田代旭選手選手に西武がGM以下3人態勢で視察

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 埼玉西武ドラフトニュース

高校野球岩手大会の準々決勝、花巻東vs水沢戦に、埼玉西武が渡辺GM以下3人態勢で視察をし、花巻東の田代旭選手を評価した。

スポンサーリンク

「うちのスカウトはよく見ている」

田代旭選手選手はこの日、4番捕手で出場したものの、2つの死球を受けるなど厳しい攻めでヒットは出なかった。それでも、高校通算52本塁打の強打の捕手に、視察した渡辺GMは「みんなウチのスカウトはよく見ている。打てる捕手は1つのアドバンテージ。注目しています」と評価した。

今年春のセンバツに出場をしたものの初戦で敗退し、「プレッシャーを感じてずっと焦ってしまっていた」と話す。そして、「1度甲子園を経験していることは大きいので夏は違うものになる。球児の誰もが憧れる場所で余裕を持ってプレーしたい」と、今度は甲子園でちゃんと力を発揮することを目標とする。

この日の打撃も構えからやや力みが入った感じで、昨年秋はもっと受け入れが広い柔らかい感じもしていた。プロ野球選手も日々打席フォームを変えていくもので、田代選手も進化を目指してフォームの追求を続けている。この夏の間にもどのように変わっていくのか注目したい。

2022年度-高校生捕手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
夏の高校野球・岩手大会(2022)の注目選手:ドラフト注目度A
夏の高校野球岩手大会、花巻東に怪物2年生やプロ注目の強打の捕手がいるが、他のチームにも149キロ右腕などプロ注目の選手がいる。ドラフト注目度はA
花巻東・田代旭を西武が視察 高校通算52発の捕手に渡辺GM「打てる捕手は1つのアドバンテージ」 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 今春の選抜に出場した花巻東は18―1で水沢に5回コールド勝ちした。今秋のドラフト候補に挙がる田代旭主将は「4番・捕手」で出場し、3打席3四死球2得点で勝利に貢献した。

この日は西武が3人態勢で視察に訪れた。2度の死球などで持ち味の打撃を披露することはできなかったが、高評価は不変。西武の渡辺久信GMは「みんなウチのスカウトはよく見ている。打てる捕手は1つのアドバンテージ。注目しています」とコメントした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント