花巻東・佐々木麟太郎選手が74本、次戦に152キロ右腕・盛岡中央の齋藤響介投手と対戦

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 2023年ドラフトニュース 埼玉西武ドラフトニュース

花巻東の佐々木麟太郎選手が、この日の準々決勝・水沢戦で4回にこの夏の初本塁打を放った。明日23日は盛岡中央の152キロ右腕・齋藤響介投手と対戦する。

スポンサーリンク

西武・渡辺GM「ホームランの数は意識していない」

この日の佐々木麟太郎選手は14−0で迎えた4回1アウト1塁の場面で、カウント2−2からの5球目のカーブを振り抜くと、打球は逆風のライトスタンドへ一直線、中段に飛び込むホームランとなった。これも含めてこの日は4安打を打ち、4強にコマを進めた。

この日は埼玉西武が今年のドラフト候補捕手の田代旭選手などの視察に、渡辺GM、潮崎ディレクター、水沢スカウトの3人で視察をしたが、「我々はホームランの数は意識していない。メディアの皆さんと違ってね」と話したものの、「これまではボールが上がらずにドライブがかかっていた印象。でもボールが上がりさえすればね。逆風だったけど、問題なく入る」と評価した。

また、「野球に対して真面目だし、向上心がある。そういうものがすごく大事。現状にあぐらをかくことなく上を目指している選手は、間違いなく1ランク上の世界でもやれる」と話し、来年のプロ入りに太鼓判を押した。

4安打4打点の活躍を見せた佐々木選手は、ホームランについては「ヒットを目指す延長線上で、打球が伸びてくれた。結果的に入ってくれたことは良かった。少し形が崩れて、泳がされたみたいになりましたが、うまく持っていけたと思います」と話し、「一戦一戦、目の前の相手に集中し、打線をつないでいくことを意識しながら、得点に結びつけていけたら」と話した。

次戦は盛岡中央と対戦する。こちらもプロが注目するエースの齋藤響介投手は最速152キロの速球にスライダー、スプリット、カットボールも切れ味も抜群になっている。23日の対戦が注目される。

2023年度-高校生のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2022年度-高校生-岩手県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
夏の高校野球・岩手大会(2022)の注目選手:ドラフト注目度A
夏の高校野球岩手大会、花巻東に怪物2年生やプロ注目の強打の捕手がいるが、他のチームにも149キロ右腕などプロ注目の選手がいる。ドラフト注目度はA
【岩手】花巻東の佐々木麟太郎が岡本超えの74号も、西武・渡辺GMは「本塁打の数字は意識していない」
 花巻東が18―1の5回コールドで水沢に勝ち、20年の独自大会も含めると、5年連続での4強入りを決めた。注目の2年生スラッガー、佐々木麟太郎内野手は「3番・一塁」で先発出場。4回の第4打席で智弁学園時

この日、西武は渡辺GM、チーム統括部・編成グループの潮崎ディレクター、水沢スカウトの3人で視察。渡辺GMは佐々木の高校通算74号について問われると「我々はホームランの数は意識していない。メディアの皆さんと違ってね」と笑顔を交えながら淡々と語った。

 一方で渡辺GMは、4安打を放った佐々木の実力は高く評価しているようだ。「これまではボールが上がらずにドライブがかかっていた印象。でもボールが上がりさえすればね。逆風だったけど、問題なく入る」とたたえた。

花巻東・佐々木麟太郎が今夏1号の高校通算74号 西武渡辺久信GM「打球が上がれば入っちゃう」 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 今春の選抜に出場した花巻東は18―1で水沢に5回コールド勝ちした。注目のスラッガー・佐々木麟太郎(2年)は「3番・一塁」で出場し、5打数4安打4打点。
巨人岡本超えた花巻東・佐々木麟太郎74号 23日準決勝で全国屈指の「矛盾対決」実現/岩手 - 高校野球夏の地方大会 : 日刊スポーツ
岩手で全国屈指の「矛盾対決」が実現する。花巻東の2年生スラッガー、佐々木麟太郎内野手が、巨人岡本和真内野手(26=智弁学園)超えの高校通算74本塁打(公式戦1… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
花巻東・佐々木麟太郎が今夏初アーチ、巨人・岡本和真の智弁学園時代抜く高校通算74号「うまく持っていけた」【高校野球】:中日スポーツ・東京中日スポーツ
第104回全国高校野球選手権(8月6日から17日間、甲子園)の岩手大会準々決勝が21日に行われ、春夏連続の甲子園を目指す花巻東の2年生...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント