大阪桐蔭エース・前田悠伍投手が161球完投勝利で決勝進出

高校野球ドラフトニュース 2023年ドラフトニュース

明治神宮大会では大阪桐蔭が仙台育英と対戦し、5−4で苦しみながら勝利した。エース・前田悠伍投手は10四死球と調子が良くなかったものの、9回161球を投げて完投した。

スポンサーリンク

調子が上がらない中で

初回から2つの死球を与えて1失点すると、2回も四死球から1失点、大阪桐蔭のエース・前田悠伍投手は調子が良くなかった。それでも西谷監督はエースを変えなかった。

前田投手も「調子が上がってこない中で、勝つ時の感覚がうまくつかめず、毎イニングどうやったら調子が上がるか考えながらやっていました」と3回以降はランナーを背負いながらも粘る投球を見せると、味方が逆転をした7回、8回は三者凡退に打ち取り、試合終盤にリズムを作り始めた。

そして9回、広陵の反撃にあい1失点したものの、さらにピンチの2アウト1,2塁の場面で141キロのストレートを外角に突き刺し、見逃し三振で最後の打者を斬った。9回161球を投げて6安打10四死球6奪三振4失点という内容にも、「疲れはなかったです。最後にいいイメージがついた。いつもと同じ感覚で投げられた」と話した。

西谷監督は交代させなかったことについて、「途中で代えようとも思ったけど、修正しながら粘り強く投げていた。最後まで行く方がいいかなと思いました。バランスよく最後まで投げていた」と話した。

高校の部は大阪桐蔭と広陵がともに昨年に続いて決勝に進出し、2年連続同じカードとなった。

【2022年 明治神宮大会】対戦カードと注目選手一覧
11月18日に開幕する明治神宮大会の、高校の部、大学の部の対戦カードと注目選手を紹介します。
大阪桐蔭、史上初連覇に王手 前田161球完投「うまく修正して自分の投球はできた」 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 高校の部では準決勝2試合が行われた。大阪桐蔭は来秋ドラフト上位候補左腕の前田悠伍(2年)が4失点完投し仙台育英に辛勝。10月の国体に続いて夏の覇者を退け、史上初の大会連覇に王手をかけた。広陵は北陸に零封勝ち。あす23日の決勝は史上初となる2年連続の同一カードとなった。大学の部では準々決勝1試合が行われ、名城大が上武大...
大阪桐蔭・前田悠伍「自信になりました」制球に苦しみ10四死球も自己最多161球で完投勝利 - 高校野球 : 日刊スポーツ
大阪桐蔭(近畿)のエース前田悠伍投手(2年)が161球完投で仙台育英(東北)との注目対決を制した。大会2連覇への大きな山を乗り越えた。立ち上がりから制球に苦し… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
大阪桐蔭、大会史上初の連覇に王手 エース左腕・前田悠伍が渾身の161球 「勝って反省できる」/神宮大会
明治神宮野球大会第4日(仙台育英4-5大阪桐蔭、21日、神宮) 高校の部の準決勝が行われ、大会史上初の連覇を狙う大阪桐蔭(近畿)は、今夏の甲子園大会で東北勢初優…
【神宮大会】大阪桐蔭・前田悠伍が自己最多161球の完投で連覇王手「挑戦できるので優勝したい」
 高校の部は、大阪桐蔭(近畿)と広陵(中国)が勝ち、大会史上初めて2年連続同一カードの決勝となった。大阪桐蔭は、来秋ドラフト候補左腕の前田悠伍主将(2年)が10四死球も、161球で完投。高校の部初の連
大阪桐蔭が史上初の2連覇に王手 夏Vの仙台育英に逆転勝ち 神宮大会高校の部/デイリースポーツ online
 「明治神宮大会・高校の部・準決勝、大阪桐蔭5-4仙台育英」(21日、神宮球場) 前回大会王者の大阪桐蔭が今夏の甲子園で東北勢初優勝を果たした仙台育英を下し、史上初となる2連覇に王手をかけた。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント