大阪ガス・近本光司選手にソフトバンクスカウトが評価、野手として結果残す

大阪ガス, 近本光司

都市対抗二次予選では大阪ガスの近本光司選手が5番DHで出場し2安打2打点の活躍を見せた。この試合にはオリックス、阪神、福岡ソフトバンクのスカウトが視察し、ソフトバンクのスカウトが評価をしている。

岡山大会で首位打者

大阪ガスの近本光司選手は社高校時代は141キロを投げる投手として注目されたが、関西学院大では50m5.9秒の足を活かして外野手としてプレーし、昨年大阪ガス入りした2年目の選手。

今年春のJABA岡山大会では18打数8安打の打率.444を記録して首位打者となり、打撃も好調さを見せている。力のある打撃と共に俊足の外野手としてプロのスカウトも注目をしており、この日の都市対抗二次予選の初戦にも、オリックス、阪神、福岡ソフトバンクのスカウトが視察に訪れた。

この日は5番DHでの出場だったが、3回ノーアウト1,2塁からライトにヒットを打ち、打者一巡で迎えた次の打席でもライト前にタイムリーヒットを放った。

この打撃に福岡ソフトバンクの稲峰スカウトは「ボールにコンタクトする能力がすごい」と打撃の能力を高く評価した。

上背は無いものの打席ではパワーを秘めた雰囲気を出して怖さがあり、逆方向にも強い打球を打つ。コンタクトに自信があり、思い切りの良いスイングを見せ、プロの打球スピードを持っている選手だろう。そして50m5秒台の足も期待させる選手。左打ちの外野手という事で、いろいろとアピールは必要だが、上を目指せる選手だろう。

2018年度-社会人外野手のドラフト候補リスト
大阪ガスのドラフト候補選手の動画とみんなの評価

大阪ガスが勝利 スポーツニッポン紙面 2018/5/18

 


PAGE TOP