No Image
FAの移籍の話題が連日、新聞の紙面を賑わせている。1993年からスタートしたこのFA移籍では、埼玉西武が選手の流出がNO.1となっている。

浅村栄斗

埼玉西武は今年のドラフト会議で、投手力に課題があることがはっきりしていながらも、当初は根尾昂選手など高校生内野手の指名を検討していた。それは浅村栄斗選手のFAの流出を恐れたものだった。

山下亜文, 山本雅士

巨人は、先日のトライアウトでも登板した前中日の山本雅士投手、前ソフトバンクの山下亜文投手の入団テストを実施した。

中井大介

横浜DeNAは、トライアウトに参加していた元巨人の中井大介選手を獲得する方針を固めた。

No Image
2018年のオフに戦力外通告を受けた選手、引退した選手の一覧です。11月4日更新。

橋本到

東北楽天は、巨人の橋本到選手を金銭トレードで獲得したと発表した。

鈴木彩隼, 静岡産業大, 大盛穂

静岡産業大で最速147キロの速球を投げ、指名が注目されていた鈴木彩隼投手は、西濃運輸に進むことを明らかにした。中日でプレーする鈴木翔太投手と同じ舞台に立つのは2年後まで待つ事になった。

張奕, 廣澤伸哉

オリックスは宮崎フェニックスリーグを西村新監督が視察し、今年から投手に転向した張奕選手が150キロを記録、ドラフト7位ルーキーの廣澤伸哉選手の活躍を喜んだ。

横浜DeNAは、高田繁GMが今季限りで退任、ラミレス監督は続投することが分かった。

古村徹, 乾真大

横浜DeNAは横須賀市内で入団テストを行い、2011年に横浜ベイスターズにドラフト8位で指名され、2014年に戦力外となっていた古村徹投手が受験し、再獲得の可能性が高まった。

スポンサーリンク
PAGE TOP