2019年のドラフトの展望

2019年は高校生投手と高校・大学の捕手を中心に、スラッガータイプの選手や即戦力投手の登場を待つ流れとなりそうだ。

豊作

2019年は豊作の年という見込み。特に高校生投手は華やかで、すでに150キロを超す速球を投げる大船渡・佐々木朗希投手、星稜・奥川恭伸投手、創志学園・西純矢投手、日大三・井上広輝投手、横浜・及川雅貴投手、菰野の岡林勇希投手がプロから注目を集めている。その中で、北海道日本ハムは佐々木投手の1位指名がすでに確定的、阪神、中日、巨人、広島なども今年はエース候補の獲得の年として、佐々木投手、奥川投手、西投手を中心にチーム事情で左腕の及川投手を狙ってくるとみられる。

また、社の藤本竜輝投手や有明の浅田将汰投手、木更津総合の根本太一投手も今年には150キロに到達するのではないかとみられ、上記のドラフト上位候補の中に割って入ってくる力がある。

投手ではこれらの高校生が中心となりそうだが、大学生では明治大の森下暢仁投手が、社会人野球では東海理化の立野和明投手とJFE西日本の河野竜生投手が即戦力として注目されそうで、左腕投手の獲得なら河野投手が最有力に上がってくるかもしれない。

野手では、大学生捕手が当たり年、慶応大・郡司裕也選手、東洋大・佐藤都志也選手、東海大・海野隆司選手、立教大・藤野隼大選手などがすでに名前が挙がっており、2018年のドラフトで捕手の指名を見送った球団は、2位でこれらの捕手の指名を狙いそうだ。また高校生も近江の有馬諒捕手、智弁和歌山の東妻純平捕手もプロが注目しており、大学生捕手と比較してこちらを上に持ってくる球団もありそうだ。

遊撃手の候補ならば、すでに阪神が名前を挙げている駿河総合の紅林弘太郎選手がスケールの大きな選手として注目されており、桐蔭学園の森敬斗選手も注目される。守備ならば花咲徳栄の韮澤雄也選手、早稲田大の檜村篤史選手、日本通運の諸見里匠選手などが注目されそうだ。

打撃では東邦の石川昂弥選手、国際武道大の勝俣翔貴選手、パナソニックの片山勢三選手が注目されて行きそうだ。

ドラフト会議では高校生投手にドラフト1位指名が重複し、抽選を外した球団が高校、大学の捕手を指名していくという流れになっていくかもしれない。現時点でドラフト1位指名候補は、大船渡・佐々木朗希投手、星稜・奥川恭伸投手、創志学園・西純矢投手、横浜・及川雅貴投手、明治大の森下暢仁投手の5人、ここに、誰が加わってくるか、2019年のドラフト戦線も目が離せない。

2019年注目の高校生のドラフト候補~投手編~
2019年注目の高校生のドラフト候補~野手編~
2019年注目の大学生のドラフト候補
2019年注目の社会人のドラフト候補


PAGE TOP