選抜高校野球大会第10日目準々決勝

高校野球ドラフトニュース 2012年ドラフトニュース

センバツ大会は準々決勝2日目、ベスト4が出揃います。甲子園は雨のため31日の試合は1日に延期となりました。

 第1試合は愛工大名電・濱田投手と光星学院の北條、田村など強打線が激突、この対戦は昨秋の明治神宮大会決勝と同じ対戦となりました。ちなみにその時は光星学院が田村の2本の2ベース、北條の決勝3ベースヒットなど11安打で6-5で勝利を収めました。しかし濱田投手も13奪三振と連投にもかかわらず意地を見せました。濱田投手のリベンジなるか、再び北條、田村が打ち砕くのか注目です。

 第2試合は好投手対決、横浜・柳投手は2試合で被安打14、奪三振9、1失点、対する関東一・中村祐太投手は2試合で被安打10、奪三振19、1失点。同じく2試合で1失点同士、球速も130km中盤のキレの良いストレートで勝負するタイプですが、柳投手は打たせてとるピッチング、中村投手は浮き上がるようなストレートで三振を奪うピッチングです。どんな投げ合いになるか注目です!

愛工大名電(愛知県) 光星学院(青森県)
濱田達郎投手3年 181cm86kg 147km/hの直球で秋季大会は2回のノーヒットノーラン
明治神宮大会決勝で敗れるも4試合34回2/3で40奪三振!
特A北條史也遊撃手3年 177cm73kg 右右明治神宮大会でタイブレークからサヨナラ満塁弾。
巨人・坂本2世とプロも高評価の4番遊撃手。
プロ
注目
佐藤大将遊撃手3年 172cm72kg 右左ケガで明治神宮大会は出場できなかったが強打と俊足の主将注目田村龍弘捕手3年 172cm78kg 右右小柄だが飛距離十分のパワーで中学時代65本塁打。
高校でも1年から主軸を打ち通算28本塁打。プロ注目
プロ
注目
     金沢湧紀投手3年 174cm80kg 右右明治神宮大会準決勝の鳥取城北戦で4安打13奪三振完封
145kmを記録した力のあるストレートに注目
注目
     城間竜平投手/
二塁手
3年 171cm75kg 右右171cmと小柄で野手投げだが制球良くコーナーに投げられる
MAX138km/h。普段はセカンドを守る

 

横浜(神奈川県) 関東一(東京都)
柳裕也投手3年 182cm77kg 右右昨年選抜でリリーフで登板、4イニングを2安打6奪三振。
141km/hのストレートはキレがある
注目中村祐太投手2年 181cm75kg 右右130km/h中盤も角度のあるストレートは外角低めに集まる
帝京打線をこのストレートで封じた魅力のある球
プロ
注目
     秋山翔太外野手3年 186cm77kg 右左186cmの期待のスラッガー候補。
確実性が低く秋季大会では不発も一発期待!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント

  1. 田村捕手のバッティングは濱田投手との対戦をみて、改めてパワーとセンスを感じました。

    素晴らしい選手ですね。

    北條選手とともに、楽天が獲得してくれないかなぁ…(・ω・)