高校野球西愛知大会の展望(2018)と注目選手:ドラフト注目度B

扇谷莉, 沢井廉, 石川昂弥, 梅田昂季, 熊田任洋, 印出太一, 板倉駆, 尾崎聡大, 野口泰司, 落合海斗, 伊藤蓮, 清水唯人, 市川瑛介, 真田拓, 茶谷琉斗, 岡本朋大, 小栗大誠, 藤江亮太, 加納龍志, 後藤晃成, 牛島凛人, 秋山凌祐, 関岡隼也, 浦野海斗, 西有喜

夏の高校野球西愛知大会が7月1日に開幕した。

昨年は、中京大中京の伊藤康祐選手が中日のドラフト4位で指名された。他にも中京大中京の鵜飼航丞選手(駒沢大)や中京大中京の左腕の磯村峻平投手(明治大)なども注目された。

今年は東西に分かれる愛知、西愛知は名古屋市の強豪にはいつものように注目のエースや4番がおり、公立校にも注目される選手がいる。ドラフト注目度はB

地区

昨年は西の中京大中京が甲子園に出場、同じく西の栄徳が準優勝だった。また昨年秋は東邦が優勝、ベスト4には中京大中京が入った。

今年春は優勝が誉、準優勝が東邦、享栄、西春とすべて西のチームだった。他にも愛工大名電、至学館、愛知啓成、栄徳など強豪が並ぶ。

注目選手

中京大中京の沢井廉選手は、昨年の鵜飼選手同様に注目されるスラッガーで、高校通算40本塁打を越え、また高いアベレージも残す左の大砲として注目される。

その他の注目選手

東邦は188cmから146キロを投げる扇谷莉投手が今年の成長に期待されていたが、まだ安定した投球とは遠い所にある印象。不安定になりボールを置きに行くというパターンは脱したいところで、最後の夏に期待をしたい。チームでは183cmの西有喜投手が140キロを記録しており、投手として成長を見せている。打線でも2年生の石川昂弥選手がすでに20本を超えるホームランを放ち、梅田昂季選手がとともに中軸を担う。また50m5秒台の山本泰正選手や2年生の熊田任洋選手も足がありチャンスを作る。県下屈指の打線を誇る。

中京大中京は投手でも180cm81kgの右腕・浦野海斗投手が140キロを投げ、投打に軸がある。また2年生の関岡隼也選手は小柄だがセカンドまで1.85秒の強肩に、長打力も開花しており期待が膨らむ。また、板倉駆投手も左のサイドハンドから大きな変化球が持ち味。1年生の印出太一選手も大阪桐蔭との練習試合で結果を残した。

愛工大名電もエースに143キロを投げる秋山凌祐投手がおり、打線では50m5.7秒で県NO.1の足と評価される後藤晃成選手、また2年生で主軸を打つ牛島凛人選手なども加わり、さすがの強豪私学の一角。

享栄も負けていない。加納龍志投手は184cmの右腕で、130キロ後半の速球に大きく曲がるカーブを投げる。打撃や足も期待されている。藤江亮太投手は173cmの右腕で130キロ後半の速球を投げる。

他では投手は誉高校の小栗大誠投手が193cmの大型左腕で135キロの速球にスライダー、カーブを投げる。天白高校の岡本朋大投手は180cmの左腕で142キロを記録、西春の尾崎聡大投手は抜群の制球力がある177cmの左腕で、今年春のベスト4入りの立役者。愛産大工業の茶谷琉斗投手も177cmの左腕で、クロスファイアの威力は十分でプロが注目する。

東郷高校の真田拓投手も177cmの右腕で138キロの速球と鋭いスライダーが良く、プロも複数球団が視察をしている。愛知高校の浅田一圭投手は右のサイドスローから、シンカー、カットボールなど変化球を繰り出す。愛知啓成の市川瑛介投手は185cm83kgの恵まれた体がある。きれいなフォームで投げる大型右腕。

愛産大工業の伊藤蓮選手は遠投110mに50m6.1秒の抜群の足があり、投げても140キロを記録するという。身体能力の高い選手。至学館の清水唯人選手は50m5.8秒の俊足にショートとしての能力も高い。

栄徳の野口泰司選手は捕手としてフットワークやリードに定評のある選手。誠信の落合海斗選手は182cmの左のスラッガーで、1番を打ち相手に恐怖感を与える。中部大第一の永野伶選手は足の速い外野手で、広い守備範囲と盗塁、そして強肩が魅力。

優勝予想

中京大中京、愛産大工業、愛工大名電がノーシードだったが、中京大中京、愛産大工業、愛知黎明が西春のブロックに入り激戦区となった。愛工大名電は誠信のブロックに入り、シード校も生きた心地はしない。

安定した力を見せる東邦がし有力とみられるが、エース・4番が自分の力を見せることができたチームが甲子園に出場しそうだ。

2018年度以降-高校生-愛知県のドラフト候補リスト


PAGE TOP