2019センバツに向けて、横浜高の注目選手

横浜高, 及川雅貴, 小泉龍之介, 松本隆之介, 度会隆輝, 木下幹也, 内海貴斗, 庄子雄大, 津田啓史

センバツ大会に出場するチームの注目選手について、個人的に注目したい選手を紹介して行きます。今日は横浜高校。

横浜高校の注目選手

注目度A:必見・見ないとヤバイ、注目度B:成長をチェック、注目度C:素質をチェック

注目度A:及川雅貴投手は153キロを投げる左腕投手で、今年のドラフト1位候補。中学時代から注目されており、身長も183cmと大きいくまだ成長中。伸びしろも十分ある投手。

注目度B:小泉龍之介選手は171cmと体が大きくないが、打席での冷静さと狙いすました長打は特大弾も見せ、投げても140キロを記録、足も50m6.0秒など秘めた身体能力がすごい。身長で決めてはいけない選手。

注目度B:内海貴斗選手は181cmの左バッターで天性のものを持つスラッガー。成長を続けており、一気に伸びる時期が来るかもしれない。

注目度B:松本隆之介投手は2年生、188cmの長身左腕で最速は147キロを投げ、スケールでは及川投手以上の声も。秋は登板が少なく内容も良くなく、春の投球に注目したい。

注目度B:木下幹也投手も2年生、185cm85kgの体がある右腕で球速も144キロを投げる。昨年秋は力のある球を見せ公式戦11回0/3で16三振を奪った。今年は本格化、そして来年に向けた活躍を期待したい。

注目度B:度会隆輝選手も2年生、昨年夏にヒットを量産した選手で天才と注目された。秋も8試合で打率.419でヒットを打つ技術は高い。50m6.0秒の足や肩もあり、セカンドの守備にも注目したい。

注目度B:津田啓史選手も2年生、1年生秋にショートのレギュラーとなった。遠投110m、50m5.9秒の足があり長打力も見せる抜群の身体能力を持つ。ショートのプレーと1番に入る事になりそうで、打撃と足に注目したい。

注目度C:庄子雄大選手も2年生、昨年秋はサードでレギュラーとなった。三振の少ない選手で打撃、肩、足と3拍子そろう。それぞれをチェックしたい。

チーム

昨年秋は1年生5人がレギュラーで、三遊間の津田選手と庄子選手は守備力も光る。センターの小泉選手も守備範囲が広く、肩も強い。打線では、ホームランは少なく、度会選手、小泉選手などがしっかりとヒットで得点を挙げる。1番には俊足の津田選手が入りそうで鍵となりそう。量産するスラッガータイプの選手は今のところいないが、内海選手や2年生が成長すればさらに怖さを増す。

投手はエース・及川投手がおり、やや不調と言っても140キロ後半の速球で秋は41回1/3で59奪三振を記録する。控えには2年生になる大物左右腕の木下投手、松本投手がいるが、平田監督も及川投手中心に優勝を狙いに行くと話しており、出番はなかなかないかもしれない。大阪桐蔭のようにどこかでこの二人に1試合を任せる試合が作れれば優勝に近づく。

例年通り、ものすごい選手たちが集まる横浜高校、及川投手が注目されるが全体的には2年生が黄金世代になりそう。関東大会でコールド負けからのセンバツ出場にはいろいろな声も挙がった。出場を逃したチームのためにも最低でもベスト4までには勝ち上がりたい。

横浜高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価


PAGE TOP