慶応大の左右の150キロコンビに注目、佐藤投手は「1位で指名されたい」

慶応大, 佐藤宏樹, 木澤尚文

慶応大が18日、今年の全体練習を開始した。右から154キロの速球を投げる木澤尚文投手と、左から151キロで抜群の回転数の球を投げる佐藤宏樹投手が注目される。

ドラフト1位で指名されたい

佐藤宏樹投手は最速151キロの速球を投げる左腕で、回転数も2400rpmと、チームで他の投手から目標とされる質の良い球を投げる。佐藤選手は秋田の大館鳳鳴出身で、帰省中も十分に体を動かし「1位で指名されたい。低い目標設定でうまくいったことがないので」と話し、ドラフト1位でのプロ入りを宣言した。

佐藤投手は1年生の秋に3勝0敗、防御率1.03の衝撃的な投球を見せていた。しかしその後、左ひじの状態が悪くなり、2年生、3年生では0勝1敗、登板数も9試合のみとなっている。昨年秋も1回1/3の登板しかできていない。それでもそのイニングでノーヒット、代名詞である三振も2つ奪い、復活の光も見えた。春は左のエースとしてのピッチングが注目される。

木澤尚文投手は154キロの速球を投げるが、今年のテーマは空振りが取れるストレート、そのためにフォームを再確認している。3月に行われる侍ジャパン大学代表の合宿メンバーにも入っており、「どこまで世代トップの選手に通用するか」と話す。

この3月の合宿で好投し、できれば155キロ以上の球を投げられれば、昨年の佐々木朗希投手のように、秋までずっと木澤投手の名前を聞くことになるかもしれない。

昨年秋の日本一慶応大、今年はこの左右エースの他、関根智輝投手などの復活も期待される。柳町選手、郡司選手、中村健人選手の抜けた穴は大きいが、正木智也選手、植田響介選手などが埋めてくれるだろう。東京六大学は早稲田大の早川隆久投手、明治大の入江大生投手、法政大の高田孝一投手、鈴木昭汰投手、立教大の中川颯投手などエースがそろい、激戦が予想される。

慶応義塾大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
2020年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト
2020年度-大学生投手-左投のドラフト候補リスト
2020年度-東京六大学リーグのドラフト候補リスト

木沢は空振りが取れる直球をテーマにフォームを再確認中だ。3月に神奈川・平塚で行われる侍ジャパン大学代表候補合宿にもメンバー入りし、「どこまで世代トップの選手に通用するか」と心待ちにした。


PAGE TOP