関東一、2年生・中村祐太投手、2安打無四球完封!東北楽天が高い評価!

高校野球ドラフトニュース 東北楽天ドラフトニュース 2013年ドラフトニュース

 関東一高の中村祐太投手がセンバツ1回戦の別府青山戦で2安打無四球で完封勝利、奪った三振は13で5回まではノーヒットピッチングと、昨秋に帝京高を1安打で完封した実力を甲子園でも見せつけた。

中村投手は181cmの本格派右腕で球速は130km後半だが、きれいなフォームから投げられる伸びるストレートで空振りを奪える。日刊スポーツによると裁縫が得意ということで指先の感覚が優れているのだろう、球の回転が良く、この日も最速は139km/hだったがそれでも13三振を奪った。

この投球に東北楽天・吹石チーフスカウトが「伸びるから空振りが取れる」と高い評価、まだ2年生で来年(2013年)のドラフト候補となるが注目をしている。

 

  • 来年の高校生ドラフト候補一覧!
  • 関東一のダル・中村無四球13K/センバツ - ニッカンスポーツ・コム:2012/03/28

    狙うはパーフェクトだった。6回。打球が一塁手横を抜けたと認めると、関東一(東京)中村祐太投手(2年)のポーカーフェースが一瞬崩れた。「意識してたので。あー打たれちゃったって」。5回まで1人の走者も許さない、2安打無四球完封。5者連続含む13奪三振と、派手なデビューで1点の援護を守った。

     配球は9割直球。先輩捕手のサインに首を振りまくる、ちょっとナマイキな2年生エースだ。最速139キロと速さはない。だが、楽天吹石チーフスカウトが「伸びるから空振りが取れる」という直球を「裁縫が得意」という器用さで外角に落とす。強肩は、ソフトボール投手でならした母朱美さん譲りだ。昨秋の東京大会決勝では、強打の帝京打線を1安打完封した。 全文はニッカンスポーツ・コムの記事をご覧ください。

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク
    スポンサーリンク
    シェアする
    ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

    コメント