センバツ、明治神宮枠は21世紀枠へ振り替えか

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

3月19日に開幕するセンバツ高校野球に向け、本来、明治神宮大会の優勝チームのブロックに振り分けられる明治神宮枠が、昨秋の大会中止によりどうなるかが、今日の運営委員会で話し合われる。

スポンサーリンク

21世期枠が1増か

明治神宮枠の行方について、今日の運営委員会で話し合われるが、全国9地区の代表者によるくじ引きなどにより一般枠を増やす案もあるというが、やや不公平感が残ることもあり、21世期枠を3から4に増やすことに落ち着くのではないかと見られる。

また、今日行われる運営委員会では、昨年は中止となった大会の日程についても話し合われるが、現時点で高校サッカーやラグビーの大会が開催されていることもあり、3月開幕ということもあって予定通り開催される事になるだろう。観客の有無の判断がポイントとなるが、人数を大きく絞っての開催となりそうで、チームや選手の関係者など、または応援団、そして一般客までの観戦が可能となるかが注目される。

センバツ出場校は1月29日に発表される。

2021年センバツ出場予想
周期高校野球大会が全て終了し、明治神宮大会のない今年はこれで主な高校野球の大会が終了した。来年のセンバツ出場チームの予想をと紹介をします。
センバツ21世紀枠3→4に増へ 13日運営委員会で決定へ
 第93回センバツ高校野球大会(3月19日開幕・甲子園)で、昨秋の明治神宮大会中止で空白となっていた神宮大会枠に代わって、21世紀枠を3から4に増やす案が有力となっていることが12日、分かった。13日
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント