オリックスがスカウト会議2日目、NTT東日本・福田周平選手、トヨタ自動車・藤岡裕大選手などリストアップ

藤岡裕大, 田中俊太, 福田周平, 宮本丈

オリックスは3日連続で行うスカウト会議の2日目を終えた。この日は補強ポイントにセカンドとショートのポジションに、NTT東日本の福田周平選手やトヨタ自動車の藤岡裕大選手などをリストアップ、また1位指名候補を6人に絞り込んだ。

即戦力内野手

オリックスは正遊撃手の安達選手がシーズン終盤に潰瘍性大腸炎を再発して離脱し、セカンド、ショートの選手の層の薄さを露呈した。この日のスカウト会議では即戦力の内野手についてリストアップをし、NTT東日本の福田選手、トヨタ自動車の藤岡選手、日立製作所の田中俊太選手、奈良学園大の宮本丈選手などをリストアップした。

福田選手は今年の都市対抗で打率5割を超える打撃と安定した守備を見せ、橋戸賞(MVP)を獲得している。名前が挙がった4人はいずれも守備、打撃に定評のある選手で、西武の源田選手や中日の京田選手のように1年目からセカンドやショートのレギュラーを獲れる可能性もある。

1位指名候補は約6人に

また1位候補については、昨日の記事ではJR東日本・田嶋大樹投手、立命館大・東克樹投手、早稲田実の清宮幸太郎選手、履正社の安田尚憲選手、広陵の中村奨成選手の5人の名前が挙がっているが、この日のスポーツ報知では、約6人に絞り込みとしており、他にも名前が挙がっている選手がいるものとみられる。

ヤマハの鈴木博志投手、慶大の岩見雅紀選手などが挙げられているかもしれない。

2017年度-社会人内野手のドラフト候補リスト

都市対抗MVP福田リストアップ スポーツ報知紙面 2017/10/13

PAGE TOP