【2021新入団選手発表】北海道日本ハムの新入団選手の推定年俸・背番号と活躍予想

2021年ドラフトニュース 北海道日本ハムドラフトニュース

北海道日本ハムはドラフト会議で指名した12選手の入団発表を行った。選手の推定年俸、背番号、プロでの活躍する姿の予想などをします。

スポンサーリンク

北海道日本ハム2022年入団選手一覧

順位選手名位置出身身長体重投打契約金年俸背番号
1達孝太天理高194/88右右  16
2有薗直輝千葉学芸高185/97右右  39
3水野達稀JR四国171/75右左  43
4阪口楽岐阜第一高187/90右左  44
5畔柳亨丞中京大中京高180/85右右  46
長谷川威展金沢学院大178/81左左  53
松浦慶斗大阪桐蔭高186/95左左  55
北山亘基京都産業大182/80右右  57
上川畑大悟NTT東日本167/71右左  4
育1福島蓮八戸西高190/70右右  121
育2速水隆成BC・群馬188/100右右  122
育3柳川大晟九州国際大付高191/83右右  123
育4阿部和広平塚学園高170/65右両  124

 新人選手の横顔

ドラフト1位・達孝太選手 期待度1年目:☆☆ 3年目:☆☆☆☆

長身投手だがフォームのバランスもよく、ストレートの球速や質、変化球も高いレベルで安定している。コントロールを磨いて低めに集められるようになれば、試合を支配できる投球ができる。メジャー移籍を視野に成長を続ける投手

1年目はファームで50イニング、2年目に先発投手として7勝。

ドラフト2位・有薗直輝選手 期待度1年目:☆☆ 3年目:☆☆☆

3年夏のホームランの量産が素晴らしかった。打席でどっしりと構え、狙いすましたようにレフトスタンドに運ぶスラッガー。サードの守備も送球も含めて安定しており、比較的早くから出てくる可能性もある。

1年目はファームで80試合くらいに出場。3年目に1軍でサードとして50試合に出場し8本塁打。

ドラフト3位・水野達稀選手 期待度1年目:☆☆☆☆ 3年目:☆☆☆

ショートでの軽快な動きとともに、思い切りの良い打撃で長打力があり、1番バッターとしての足もある。西川選手に代わる核弾頭として活躍を見せる可能性が十分ある。

1年目にショートで1軍100試合に出場、打率.250も8本塁打に15盗塁。

ドラフト4位・阪口楽選手 期待度1年目:☆☆ 3年目:☆☆☆☆

大型の左のスラッガーで、軽く当てて打球が伸びる特徴がある。タイミングのとり方でまだ未完成だが、かなりの成長が期待されるスラッガー。投手としても140キロの球を投げており、強肩も光る。

1年目はファームで12本塁打、後半には1軍でも数試合に出場。3年目に1軍で80試合に出場し10本塁打。

ドラフト5位・畔柳亨丞選手 期待度1年目:☆☆☆ 3年目:☆☆☆☆

150キロを超す速球は威力があり、高校2年、3年春は球質の良い球で高めの球で空振りをうばった。プロでも比較的早い段階で力を見せそうで、リリーフとして快速球を投げる投手になりそう。

1年目はファームで30試合30回程度を投げ、1年目後半には1軍で数試合に登板。2年目に1軍でリリーフで40試合に登板。

ドラフト6位・長谷川威展選手 期待度1年目:☆☆ 3年目:☆☆

指にかかったストレートが魅力でその割合を上げたい。変化球に定評があり、ショートイニングで抑えていくタイプか。

1年目に1軍2軍を行ききするも、30試合くらいに投げて10H。

ドラフト7位・松浦慶斗選手 期待度1年目:☆☆ 3年目:☆☆☆☆

大型左腕投手で150キロの速球を投げる。高校3年時はややフォームが小さくなったが、夏は力強い球を投げていた。大阪桐蔭出身の投手はやや伸び悩みが多いが、フォームをよりしなやかにしてのびのびとしたフォームで、威力ある150キロを期待。

1年目はファームで10試合、3年目はファームで80回を投げて1軍でも数試合に先発。

ドラフト8位・北山亘基選手 期待度1年目:☆☆ 3年目:☆☆☆

伸びのある150キロのストレートが魅力で、沈む変化球も使える。腕の使い方で修正が入るかもしれず、まずはフォームづくりから勧めたい。

1年目はファームで20回に登板、3年目にファームで50試合に登板し、リリーフとして1軍に出場、10試合に登板する。

ドラフト9位・上川畑大悟選手 期待度1年目:☆☆ 3年目:☆☆

二塁、遊撃での守備は即通用するレベル。打撃はとにかく泥臭く行きたいが、やはり打撃でプロのスピードにどれだけ食らいつけるかがポイント。

1年目に1軍に主に守備固めとして20試合に出場。

育成ドラフト1位・福島蓮選手 期待度1年目:☆ 3年目:☆☆☆

190cmの右腕だがバランスの良さは1位指名の達投手に近い所もある。140キロ中盤から後半の速球の威力もあり、体を作れば軽い腕の振りで140キロ中盤を投げる投手となりそう。

1年目にファームで20イニングに登板、3年目に支配下登録されファームで10勝。

育成ドラフト2位・速水隆成選手 期待度1年目:☆ 3年目:☆☆

大きくなった体で強いスイングができながら、打率も高くコンタクトができる。まずは打撃でアピールをし、DHや他のポジションに転向も。

1年目にファームで打率.250、5本塁打、3年目に支配下登録されファームで10本塁打。

育成ドラフト3位・柳川大晟選手 期待度1年目:☆ 3年目:☆☆☆

191cmの大型投手だが、まだかなり素材型。それでも140キロ中盤のストレートは威力があり、体とフォームづくりをしていく。

1年目にはファームでも未登板、3年目にファームで150キロの速球投げ、20試合に登板。

育成ドラフト4位・阿部和広選手 期待度1年目:☆ 3年目:☆☆

俊足の外野手で守備範囲が広い。上背はないもののフルスイングができバットを良く振れる。スピード感ある選手。

1年目にファームで30打席、3年目にファームで打率.220。

北海道日本ハムファイターズのドラフト指名予想
北海道日本ハムファイターズ公式ページ 北海道日本ハムファイターズ掲示板 北海道日本ハムファイターズの過去のドラフト 北海道日本ハムファイターズ/ドラフト最新記事 以前のニュー...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント