脇町高・立木遼投手が144キロ、生光学園・湯浅麗斗選手が2安打3打点、6球団スカウト注目

湯浅麗斗, 生光学園, 立木遼, 脇町高

高校野球徳島大会では、プロ注目の脇町高校の立木遼投手、生光学園の湯浅麗斗選手が活躍を見せ、視察したプロ6球団のスカウトにアピールをした。

プロ注目

脇町高校の立木遼投手は、175cmの右腕でこれまで最速は141キロだが、切れの良い球で徳島NO.1投手と評価されていた。この日のつるぎ戦では2-2の同点の6回から登板すると、8回には自己最速となる144キロを記録し、4回を1安打無失点の好投を見せた。チームは8回に1点を奪い3-2で勝利した。

「1点もやらないつもりで投げた。指にかかった、いい球が投げられた」と話した立木投手、進学校という事もあり、進路が注目されるが、「最後の夏なのでいい結果を出したい」とこの夏に3年間の高校野球生活をぶつける。

また、生光学園の湯浅麗斗選手は城西戦で4番で出場し、2安打3打点の活躍を見せた。187cm88kgの右のスラッガーとして注目される湯浅選手、一発は出なかったものの、「センター返しを意識して打った。コールドで勝てたのが大きい」と話し、2安打3打点を評価した。

この大きな体だが50mを5.8秒で走るという身体能力の持ち主で、今年のドラフトでは指名が注目される。

この日はオリックスやソフトバンクなど6球団のスカウトが注目をしていた。

2018年度-高校生-徳島県のドラフト候補リスト
2018年度-高校生外野手のドラフト候補リスト

脇町がつるぎとの接戦を制し、2回戦に進出した。2-2の6回からエースの立木遼投手(3年)が登板し、8回には自己最速を更新する144キロをマーク。「1点も与えないという気持ちで、緊張感を持って投げた」と4イニングを1安打無失点の好救援で流れを呼んだ。打線は8回2死一、三塁で、一塁走者がスタート。一、二塁間に挟まれる間に三塁走者が生還し、決勝点を奪った。

「1点もやらないつもりで投げた。指にかかった、いい球が投げられた」と気迫の投球を振り返り、「最後の夏なのでいい結果を出したい」と次戦を見据えた。

 高校通算43本塁打の生光学園4番・湯浅麗斗外野手(3年)が、2安打3打点の活躍。一発こそ出なかったものの「センター返しを意識して打った。コールドで勝てたのが大きい」と完勝発進を喜んだ。


PAGE TOP