日本文理高・田中晴也投手が9回10奪三振、12球団22人スカウト視察し阪神スカウトが評価

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 阪神ドラフトニュース

春季高校野球新潟大会で、プロ注目の大型右腕・日本文理の田中晴也投手が準決勝の新潟明訓戦に登板した。

スポンサーリンク

12球団スカウト視察

田中晴也投手は186cm92kgの右腕投手で、最速148キロの速球を投げる投手で、昨年夏も140キロ中盤から後半のストレートに力があり制球力も良かった。甲子園では敦賀気比戦で8回15安打7奪三振8失点という内容だったが、評価は落ちること無く今年のドラフト上位候補として注目されている。

この日は新潟明訓との準決勝で先発すると、力強いストレートを終盤まで投げ、9回8安打10奪三振2失点、9回の最後の打者に自己最速タイの148キロのストレートを投げて空振り三振を奪った。「自信のあるストレートで決めたかった。最後の1球に気持ちを込めてああいう形で終われたのはよかった」と話した。

また打撃でも注目されており、3回1アウト3塁の場面で犠飛で1点、7回1アウト3類の場面でもセンター前のタイムリーヒットで2打点を挙げた。「センター方向に強い打球でという形で犠牲フライとセンター前で打点を稼げたのはよかった」と話した。

この日は12球団22人のスカウトが視察し、田中投手の注目度の高さを示した。阪神の筒井スカウトは「駆け引きとかいろんな技術がついてくれば飛躍的に伸びる。先発で長いイニングを投げられるように、大きく育てていきたい素材。打撃も注目している」と評価した。

日本文理高校は今年、部内の不調時により1月末から3月末まで対外試合禁止処分を受けた。その間、紅白戦などを行ったものの実戦感覚についてはやはり影響があったと思う。

田中選手は他校に遅れをとった分、「投げろと言われたらいつでもいける準備はしている。投げないのであれば打者でしか活躍ができないので、優勝を勝ち取るために回ってきたときには一振りで仕留めてチームに貢献できるようにやっていきたい」と話した。

そして「最終的にはプロに行きたい」と話した。体の出力の大きさ、将来性の高さなどを考慮すると、今年の高校生投手のドラフト候補の中ではトップクラスに入ってくると見られる。新潟では帝京長岡の茨木秀俊投手も注目投手だったが、この春は本来の投球ができていなかった。田中投手はまずその投球を見せられたことでスカウト陣もまずは一安心というところで、これから、昨年より成長した部分をチェックしていくことになる。

まずは150キロ、そして甲子園の大舞台で、昨年の投球内容を打ち消すような、圧倒的な投球を見せたい。

2022年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2022年度-高校生-新潟県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
日本文理・田中晴也 あっぱれ10K完投&2打点 12球団スカウトを前に投打に躍動/デイリースポーツ online
 「春季高校野球新潟大会・準決勝、日本文理5-2新潟明訓」(12日、長岡市悠久山野球場) グラウンドの中心で、抜群の存在感を放った。プロ注目の日本文理・田中晴也投手(3年)が「3番・投手」で先発出場し、9回8安打2失点、10奪三振で完投。打っては2打数1安打2打点と決勝進出に貢献した。NPB12球団22人のスカウトが視...

スカウト陣の間では、今秋ドラフト候補に挙がる高校生投手の中で「素材はトップクラス」と評される大型右腕。186センチ、92キロの体格から繰り出される直球が武器。打撃にも定評があり、阪神・筒井スカウトも「(投手としては)駆け引きとかいろんな技術がついてくれば飛躍的に伸びる。先発で長いイニングを投げられるように、大きく育てていきたい素材。打撃も注目している」と期待値は高い。

日本文理の大型右腕・田中晴也をプロ12球団が視察 阪神スカウト「大きく育てていきたい素材」/デイリースポーツ online
 「春季高校野球新潟大会・準決勝、日本文理5-2新潟明訓」(12日、長岡市悠久山野球場) 日本文理が新潟明訓を下し、決勝進出を決めた。プロ注目の日本文理・田中晴也投手(3年)は「3番・投手」で先発出場し、9回8安打2失点、10奪三振で完投。打っては2打数1安打2打点と貢献した。NPB12球団22人のスカウトが視察する中...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント