日本海オセアンリーグ選抜がDeNA2軍と対戦、野村和輝選手にDeNAスカウトが二刀流で評価「楽しみな選手」

2022年ドラフトニュース 独立リーグドラフトニュース 横浜DeNAドラフトニュース

日本海オセアンリーグ選抜と横浜DeNA2軍が対戦し、高校卒1年目の石川ミリオンスターズ・野村和輝選手がDeNAスカウトから評価を受けた。

スポンサーリンク

前日に投手として151キロ

野村和輝選手は昨年、東大阪大柏原高で投げては145キロを記録し、打っても高校通算27本塁打を放つ二刀流として注目された。しかし、プロ志望届を提出したものの指名が無く、今年から日本海オセアンリーグの石川ミリオンスターズに入団した。

その日本海オセアンリーグの選抜チームが、2日間に渡って横浜DeNAの2軍と対戦をし、1日目に野村選手は投手として登板すると、最速151キロを記録し2回無失点の投球を見せた。

この日は3番ライトでスタメン出場をしたが、濱口投手などプロ1軍で実績のある投手などとの対戦で、4打数ノーヒットに終わった。それでも、視察した横浜DeNAの横山スカウトは「パワーがある。しっかりバットも振れているしサイズもある。投手としてもある程度投げられていた。引き続き、楽しみな選手です」と投打に評価をした。

野村選手は「1年でNPBに勝負したいと思った。今年にかける思いはあります」と話し、独立リーグの道を選択した。二刀流として午前中に投手としての練習、午後に内野の練習と打撃練習をこなす。投手として「強い直球でどんどん押せるような投球を目指しています」と話すと共に、大谷翔平選手のプレーを見て「打てなかった後でマウンドに上がる時の動作や振る舞い、気持ちの切り替え方を見ています」と話した。

体の大きさや151キロを投げるパワーなど、注目する点の多い選手で、独立リーグで結果を出して、今年のドラフト会議を迎えたい。日本海オセアンリーグでは、昨年まで横浜DeNAのスカウトをしていた武居氏が事務局スカウト統括部長として、リーグの選手をNPBへと繋げる役割をしている。今回の対戦もその一環と思われるが、独立リーグからNPBに進む選手がさらに多くなってくれば、その存在感もさらに増してくる。

2022年度-独立リーグ・海外投手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2022年度-日本海オセアンリーグのドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
日本海オセアンリーグ選抜“二刀流”野村和輝「3番右翼」も4打数無安打、前日は先発し2回0封 - プロ野球 : 日刊スポーツ
日本海オセアンリーグ選抜が、DeNA2軍と交流戦を行った。11日に続く2日目は、8人の継投も14被安打の9失点。打線は2安打に抑えられ、完封負けを喫した。“二… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

DeNA横山道哉スカウト 「パワーがある。しっかりバットも振れているし、サイズもある。投手としてもある程度投げられていた。引き続き、楽しみな選手です」

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント