主将で遊撃手の山梨学院・進藤天選手が3安打

高校野球ドラフトニュース 2023年ドラフトニュース

山梨学院が氷見に勝利してセンバツ2回戦を突破した。主将で遊撃手の進藤天選手が3安打を記録した。

スポンサーリンク

6安打で勝利

山梨学院はこの日、氷見のプロ注目投手・青野拓海投手と対戦したが、2回に3安打で2店を奪うと、4回には進藤天選手の2ベースヒットからチャンスを広げて相手のエラーで1得点、8回も先頭打者の四球から1得点を奪い、チーム全体6安打ながら4点を奪って勝利した。

5番を打つ進藤選手は、2回にショートへの内野安打で3塁ランナーを返す打点を挙げると、4回には先頭打者としてレフトへ2ベースヒットで得点の起点となり、6回にも先頭打者でレフトへ2ベースヒットを打った。4打数3安打1打点の見事な活躍で、2回には盗塁も記録した。

まだミスもある。初戦では初回にいきなりエラーをし、この日も4度の走塁死があった。それでも主将として、ショートとしてチームを引っ張る勢いがある。1年生の春からベンチ入りし、1年秋にはショートでレギュラーとしてプレーしていた。小さい体だが俊敏な動きが目立った。

昨年は春、夏の甲子園2出場するも合計8打数でノーヒットに終わった。それから、10キロの丸太をもって2時間走る、山梨学院の名物トレーニングを重ねて強さをまし、今大会は初戦の東北戦でもヒットを打つなど2試合で6打数4安打2打点を挙げている。

まだ課題もあるが、将来はプロを伺う所まで来るのではないかと思う。

この日はエースの林謙吾投手が140キロを記録し、「140キロは嬉しい」と話した。7安打を許すも5奪三振1失点、これで2試合連続1失点完投勝利となった。

2023年度-高校生内野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
センバツ6日目の対戦カードと注目選手
本日開幕するセンバツ高校野球大会、6日目の対戦カードと注目選手です。
【センバツ】歴史塗り替えた山梨学院 同点打放った主将・進藤天の“甲子園”にかける思い - センバツ : 日刊スポーツ
山梨学院(山梨)が21世紀枠の氷見(富山)に4-1で逆転勝ちし、16強進出を決めた。初回に1点を先制されたが、2回に進藤天内野手(3年)が同点の適時内野安打。… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
山梨学院 初の甲子園2勝!エース・林 開幕戦から2試合連続完投!自己最速また更新140キロ - スポニチ Sponichi Annex 野球
 2回戦3試合が行われ、山梨学院は氷見(富山)に4―1で快勝。エース右腕の林謙吾(3年)が開幕戦に続いて2戦連続完投勝利を挙げた。チームは春夏通じて初めて甲子園で2勝目を挙げ、初の3回戦に進出した。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2023 Draft home page

コメント