大阪ガス・三井健右選手に巨人、日本ハムなど複数球団視察

社会人野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 北海道日本ハムドラフトニュース 巨人ドラフトニュース

都市対抗近畿地区2次予選で、大阪ガスがカナフレックスと対戦し、プロ注目のスラッガー・三井健右選手が複数球団のスカウトが見守る中で2安打1打点の活躍を見せた。

スポンサーリンク

河野投手は登板せず

三井健右選手はこの日、4番指名打者で出場すると、6回にライトのフェンスに直撃する二塁打、7回にはレフト前にヒットを打ち、長打力とヒットを広角に打ち分ける打撃を見せた。

社会人のスラッガー選手も評価される傾向がやや高くなっており、この日は巨人、北海道日本ハムなど複数球団が視察し、この打撃に注目した。ドラフト1位候補として注目される河野佳投手の登板を見ようと訪れているスカウトもいると思うが、この日は登板しなかった。

大阪ガスは現在第三代表トーナメントを戦っているが、この日はカナフレックスに4-2で勝利、6月3日の次戦は強豪の日本生命との対戦で、勝てば第三代表決定戦に進むことができる。河野投手が登板するか注目される。

2022年度-社会人外野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2022年度-近畿地区のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
【社会人野球】大阪ガスが第3代表トーナメント2回戦へ プロ注目スラッガー・三井健右は2安打1打点
 昨年の日本選手権王者で、5年連続28度目の都市対抗本戦出場を目指す大阪ガスがカナフレックスに競り勝ち、2回戦進出を決めた。

 両チーム無得点の4回、無死満塁の好機で4番の指名打者・三井健右が左犠飛を放って先制。186センチ、95キロのプロ注目スラッガーは「最低限の最低限」と自分に厳しかったが、6回に右翼フェンス直撃の二塁打、7回には左前安打を放ち、視察した巨人、日本ハムなど複数球団のスカウトにアピールした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント