東洋大、来年は笹川晃平選手と阿部健太郎選手が中心に

東洋大, 笹川晃平, 阿部健太郎

この秋に1部昇格を果たした東洋大、来年は新主将となった笹川晃平選手と阿部健太郎遊撃手に期待がかかる。

長かった2部

東洋大は2007年から2009年にかけて5連覇、2011年にかけても春連覇、大場翔太投手、乾真大投手、上野大樹投手、藤岡貴裕投手といった投手陣で黄金時代を作っていた。しかし藤岡投手が抜けた2012年の春に5位、秋に6位に沈み入れ替え戦で2部に転落した。黄金時代から1年での降格だった。

当初は戦力もありすぐに上がってくるかと思えたが、2部でも強豪がひしめく東都リーグで1部昇格はできず、5季が過ぎていた。そして今年秋、原樹理投手の活躍もあり2部リーグ優勝を果たすと、駒澤大との入れ替え戦で勝利し1部復帰を果たした。

高橋監督も2部暮らしはつらかったようで、「2部での3年は長かった。」と話した。

 

野手が中心に

高橋監督は「2人に引っ張ってほしい」と話し、主将となった笹川選手と遊撃手の阿部選手を指名した。二人は入れ替え戦でも横浜DeNAにドラフト1位で指名された今永昇太投手の球に対応して良い当たりを見せており、特に笹川投手は高校時代にU18代表として外野からのバックホームなどでプロから注目されていた選手で評価は高く、来年のプロ入りの可能性は非常に高い。

しかし東洋大はエースとして2部で奮闘してきた原樹理投手が抜ける。常総学院でU18代表でもあった飯田晴海投手や浦和学院出身の山口瑠偉投手などの投手陣が力を見せなければすぐに降格となってしまう。半面、今年春の専修大は主軸の打撃を軸として昇格して即優勝した。戦国東都には厳しさもあるが可能性もある。

笹川選手、阿部選手の進路も含め、久々の1部復帰の東洋大に注目したい。

東洋大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

2016年度-大学生外野手のドラフト候補リスト

今秋の1、2部入れ替え戦で駒大を下し6季ぶりの1部復帰。ともに来秋ドラフト候補に挙がる笹川主将と遊撃手・阿部を中心に11年春以来の優勝を狙う高橋昭雄監督は「2部での3年は長かった。1部に上がったので2人に引っ張ってほしい」と期待を寄せた。


PAGE TOP