広島カープが新入団選手発表、選手の推定年俸・背番号と活躍の予想

宇草孔基, 森下暢仁, 韮澤雄也, 木下元秀, 玉村昇悟, 鈴木寛人, 持丸泰輝, 石原貴規, 畝章真

広島カープはドラフト会議で指名した10選手の入団発表を行った。選手の推定年俸、背番号、プロでの活躍する姿の予想などをします。

広島カープ2019年入団選手一覧

順位 選手名 位置 出身 身長体重 投打 契約金 年俸 背番号
1 森下暢仁 明治大 180/75 右右 10000 1600 18
2 宇草孔基 法政大 185/83 右左 8000 1200 38
3 鈴木寛人 霞ケ浦 186/79 右右 4500 600 52
4 韮澤雄也 花咲徳栄 178/80 右左 4000 500 54
5 石原貴規 天理大 173/75 右右 4000 700 62
6 玉村昇悟 丹生高 177/75 左左 2500 450 65
育1 持丸泰輝 旭川大高 177/80 右左 290 240 123
育2 木下元秀 敦賀気比 183/83 左左 290 240 124
育3 畝章真 四国IL・香川 177/83 右両 290 300 120

 新人選手の横顔

ドラフト1位・森下暢仁選手 期待度1年目:☆☆☆☆ 3年目:☆☆☆☆☆

 150キロを超し常時140キロ後半のストレートに、タイミングを外すカーブを織り交ぜる。体力的にまだ線が細い所もあり、1年間を投げ切るかという所だが、1年目から8勝、そしてスピードの速い変化球をさらに磨くことができれば、2年目に12勝前後を期待できる。

ドラフト2位・宇草孔基選手 期待度1年目:☆☆☆☆ 3年目:☆☆☆☆

打撃と足に関しては1年目から十分やれるレベルにある。肩については普通程度でアピールは難しいが、1番バッターとして打撃と足で見せるプレーはファンを魅了できる躍動感がある。センターかライトでレギュラーを獲るだろう。ただし全力プレーは1年間通すのは難しい。まずは1年間のペース配分などを身に着けたい。

ドラフト3位・鈴木寛人選手 期待度1年目:☆☆☆ 3年目:☆☆☆☆

上背があり、きれいなフォームから140キロ後半の速球を低めに投げることができる。夏の甲子園で打ち込まれたのも不思議なくらいだが、変化球のコントロールとキレが必要か。こういう投手は1年目に全く打たれずに1軍に上がってくるパターンもあり、良い方に懸けたい。プラン的には1年目終盤に1軍で登板という事だと思うが、4,5月でもファームで良ければどんどん1軍で投げさせてほしいと思う。

ドラフト4位・韮澤雄也選手 期待度1年目:☆☆ 3年目:☆☆☆☆

打撃も守備も柔らかさのある選手だが、打撃については木製バットでも強くはじき返すことができており、1年目からファームである程度の成績を期待できる。ただし柔らかさに頼るのではなく、強い打球も増やしてほしい。強い打撃も十分見せられる選手。守備は土のグラウンドという事で重宝されると思う。小園選手とショートを争うが、菊池選手が抜けるかもしれないセカンドでも、正田選手のような守備を見せてくれそうだ。

ドラフト5位・石原貴規選手 期待度1年目:☆☆ 3年目:☆☆

捕球のリズムで投手をテンポ良く投げさせる選手で、捕手としての能力に優れる。スローイングの正確さも定評がある。ベテラン・石原捕手のようなタイプ。課題は打撃で、會澤選手からマスクを奪うには打撃が必要になる。

ドラフト6位・玉村昇悟選手 期待度1年目:☆ 3年目:☆☆

独特のテイクバックと腕の柔らかさで、力感なく伸びてくるストレートは、今中投手などのタイプ。ストレートのキレとスライダーのキレで三振を奪う事ができ、プロではストレートのスピードをもう1段階上に引き上げたい。

育成ドラフト1位・持丸泰輝選手 期待度1年目:☆ 3年目:☆☆

打撃と捕手としてのフットワークの良さもある選手で、育成枠だが期待度は高い。力で飛ばすのではなく、バットをうまく使って飛ばす技術がある。

育成ドラフト2位・木下元秀選手 期待度1年目:☆ 3年目:☆☆

野球選手としての荒々しさ、気持ちの強さが見える選手で、どんなプレーにも鋭さ、強さが見られる。体に持つパワーが素晴らしい選手。肩を痛めており外野手としては気になるところだが、もし肩が治ったら、もう一度左腕投手としてのピッチングも見たい所。

育成ドラフト3位・畝章真選手 期待度1年目:☆ 3年目:☆

サイドからの制球力の良さを評価された。右バッターは打ちづらいと感じる打者もいると思うが、左バッターに対しての攻めが課題。

広島カープのドラフト指名予想
広島東洋カープ、過去のドラフト指名一覧


PAGE TOP