埼玉西武がドラフト2位指名の西川愛也選手に指名あいさつ

花咲徳栄, 西川愛也

埼玉西武はドラフト2位で指名した、花咲徳栄の西川愛也選手に指名あいさつを行った。

イケメン

西川愛也選手は花咲徳栄で2年時の夏の甲子園で4番を打って活躍を見せると、今夏も3番打者としてチームを引っ張り、甲子園優勝に大きく貢献した。埼玉大会では2本のランニングホームランを見せるなど、通算31本塁打とさく越え弾も多いが、足の速さも見せる。

その西川選手にこの日、埼玉西武の渡辺SDなどが指名あいさつをすると、「ダルビッシュに似ている。思ったより体が大きい。その割に顔がちっちゃい。モテる要素満載だね。オーラ、雰囲気を持っている」と話した。

埼玉西武は西川選手を2位指名した事について、「ずっと高い評価をしていた。2位じゃないと取れないと思ったので2位。絶対ほしい選手だったので」と話し、評価の高さを示した。

渡辺SDは「名前が同じですけど、どんなタイプかというと日本ハムの西川でしょうね。ウチのスカウトに聞くとハムの西川の高校時代に似ているそうで。ああいう選手になってくれたらいい。バッティングが良いし走れる。3番とか1番、そんな感じになってくれると思います」と話した。

西川選手は「浅村さんのような破壊力のある打撃が魅力に感じる。」と話し、目標は「トリプルスリー」と話した。

打撃には天才的な所もある西川選手、現在は大胸筋を痛めており、スローイングは50%程度の状態だという。渡辺SDは「まだまだ育成が必要だし、即戦力じゃないです」と話し、じっくりと育てていく事を明言した。

2017ドラフト指名選手 | ドラフト会議ホームページ2017 Draft home page

渡辺SDは「ずっと高い評価をしていた。2位じゃないと取れないと思ったので2位。絶対ほしい選手だったので」と指名順位について説明。

将来の西武を背負って立つスター候補だ。今夏の甲子園を制し、地元・埼玉に初めて深紅の優勝旗を持ち帰った。俊足に加え、広角に打ち分ける打撃技術、通算31本塁打とパンチ力もある。渡辺SDは「(盗塁王2度の)日本ハムの西川に雰囲気、プレースタイルが似ている」と評するが、こちらの西川の志も高い。「浅村さんのような破壊力のある打撃が魅力に感じる。(目標は)トリプルスリー」と力強かった。


PAGE TOP